ミニ四駆レッツ&ゴー!! POWER WGP2(SFC)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> SFC(29)-> RPG-> マ行-> ミニ四駆レッツ&ゴー!! POWER WGP2(SFC)

ミニ四駆レッツ&ゴー!! POWER WGP2(SFC)

ジャンル:RPG
メーカー:任天堂
発売日:1998年10月1日
ハード:SFC

概要

こしたてつひろさんの漫画が原作で、アニメにもなっていた爆走兄弟レッツ&ゴー!!のゲーム化作品です。

アニメ版2期の爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGPの続編と言う位置付けになっていて、第2回WGPに挑むお話となっています。ただし、本作はオリジナルのお話で厳密に言うと、続編としては、ちょっと辻褄があっていない部分もあります。新たに南米、フランス、エジプトチームなどが登場しています。

ゲームとしては、中心はミニ四駆のレースと言うのは当然ですが、ストーリー重視のRPGとしてお話が進んで行きます。ゲームの流れとしては、町で行われているイベントレースやWGPでの勝利を目指して戦っていきます。町のあちこちにあるレース場でマシンを鍛えて、研究所で新しいパーツを入手したりしながら、強化していきます。全10話に分かれていて、基本的な話の流れは同じです。

WGPのレースでは各キャラに応じた必殺技も用意されています。ボタン連打でゲージを溜めて使う事が出来ますが、使える回数は決まっているので、どのタイミングで使うのかは考える必要があります。コースの特徴を理解して使いこなす事が大事になります。また、町で手に入れたアイテムを使用する事も出来ます。

物語重視で、RPG要素もあるため、リアルなミニ四駆のシミュレーターみたいな作品とは少し違っていますが、漫画、アニメを原作としたゲームとしては良く出来ている気がします。難しいセッティングにあれこれと悩まなくても先に進む事が可能なのも気楽に楽しめるという点かもしれません。ただ、その分、いろいろと考えてセッティングする楽しむという部分では、少し物足りなさを感じてしまうのかもしれません。

また、レースのシステムもちゃんと再現されていて、爆走兄弟レッツ&ゴー!!のゲーム化作品としては、スーファミやゲームボーイなどでいくつか作品が出ていましたが、より原作の雰囲気を感じられた作品と言う気がします。ボタンの操作でレースに関わる事が出来るというのも程よく楽しめるという気がします。

劇場版に登場したキャラクターやアニメの続編、爆走兄弟レッツ&ゴー!! MAXの主人公が登場していたりと、サービス満点と言う感じです。アニメのキャラもたくさん登場しているところなども、楽しめる部分です。

爆走兄弟レッツ&ゴー!!のゲーム化作品と言うのは、いろいろと出ていましたが、当時としては最後に登場した作品となっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項