すってはっくん(SFC)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> SFC(29)-> パズル-> サ行-> すってはっくん(SFC)

すってはっくん(SFC)

ジャンル:パズル
メーカー:任天堂
発売日:1998年8月1日
ハード:SFC

概要

はっくんを操作して、ステージ中にある虹のかけらを集める事が目的のアクションパズルです。

はっくんはブロックや色を吸ったり、吐いたりする事が出来ます。この吸ったり、吐いたりする動作により、ブロックを移動させて、足場を作ったりしながら、虹のかけらを集めます。ブロックは色を付けることによって、上下、左右、斜めと移動させる事も出来たりします。また、まっくんと言う、色を付けることでジャンプ台になったり、左右に移動する足場になったり、その場でしりもちをし続けるキャラクターなども登場します。

いろいろとキャラクターが登場したり、細かいテクニックなどもあるので、全て説明しようとすると大変ですが、操作の基本に関しては、練習用のモードで練習する事は出来ます。覚えないといけない事が多いので、最初は大変ですが、序盤のステージは、そういうテクニックをひとつひとつ試す事が出来るので、ステージをひとつひとつクリアしていけば、テクニックに関しては覚える事が出来るなと思いました。中盤以降になると、難易度が増していき、じっくりと考えないと攻略が難しくなります。また、高度なアクションを求められるところも出て来て、パズルとアクションの両方の技術が求められます。

お助け要素として、クイックセーブ、クイックロードに対応していたり、ヒントや正解を見る事が出来たりします。ただし、高得点を狙ってクリアするのであれば、クイックセーブ、クイックロードは控えた方が良いですし、ヒントや正解を見てしまうと、その事が記録されてしまい、エンディングなどにも影響してしまいますので、安易に見てしまうのは考えものです。ヒントに関しては見る時に注意を促されますし、正解に関してはコマンド入力が必要なので、そこで考えた方が良いです。また、正解が分かってもテクニックが求められるところでは、そう簡単にはいかないところもあります。

答えが分かってしまうのはどうしてもクリアできない時には助かりますが、ちょっと悩んだ時に、その誘惑にかられるのは難しい所です。

アクションパズルとしては、出来る事が多い分だけ、悩むところが多いのかなと思いますが、その分、やりごたえがあると感じる作品です。

元はサテラビューで登場した作品で、後にニンテンドーパワーでの登場となった作品です。

バーチャルコンソールでも登場していて、そちらはバーチャルコンソールの中断機能とかもありますので、より遊びやすくなっていると言えるのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項