ロックマン&フォルテ(SFC)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> SFC(29)-> アクション-> ラ行-> ロックマン&フォルテ(SFC)

ロックマン&フォルテ(SFC)

ジャンル:アクション
メーカー:カプコン
発売日:1998年4月24日
ハード:SFC

概要

ロックマンシリーズの作品です。

スーファミでのロックマンの最終作で、カプコンのオリジナルタイトルでのスーファミ最後の作品となっています。また、スーファミで登場したオリジナルのROMカセットタイトルとしても最後の作品となっています。

いわゆるナンバリングタイトルとは異なる番外編として制作された作品で、ロックマン8がプレイステーション、セガサターンで登場した事による、スーファミユーザーに対するお詫びと言う意味合いも込められて登場した作品なんだそうです。そういう事もあってか、やりごたえのある難易度の作品となっています。

タイトルにもある通り、プレイヤーキャラクターとしてロックマン、フォルテのどちらかを選べるのが大きな特徴となっています。

ロックマン、フォルテは見た目だけでなく、能力にも違いがあります。ロックマンに関しては、基本的にはこれまでの作品と同じ様に操作できるので、プレイ感覚としてはいつのもロックマンと言う感じですが、フォルテは2段ジャンプが可能だったりと、これまでとは違ったプレイスタイルで遊ぶことが出来ます。

ステージを進めるのには、2段ジャンプがあるフォルテの方が有利だと思いますが、ボス戦ではダメージを多く与えられるロックマンの方が有利だと思えるところもあり、それぞれ一長一短な所でどちらを選ぶのかが悩ましい所です。

また、ステージの各所には、CDが落ちていて、それを集める事で、過去作も含めたキャラクターのデータを見る事が可能になっています。コレクション要素として楽しむ事が出来ます。

後にゲームボーイアドバンスに移植されていたりします。バーチャルコンソールなどでプレイできるのは、ゲームボーイアドバンス版になっています。また、ワンダースワンでロックマン&フォルテ 未来からの挑戦者と言うタイトルの作品が登場しています。位置付けとして、本作の続編と言う感じなのかは良く分からない所もあるのですが、本作同様、ロックマンとフォルテを操作できる作品になっています。ちなみにそちらの作品は評価としては厳しい物になっています。

ロックマンシリーズの作品としてはいろいろと登場していますが、純粋なロックマンのナンバリングタイトルは、プレイステーション、セガサターンで8が登場した後はしばらく続編が出ませんでした。ようやく登場したの10年以上経ってからで、Wiiウェアとして、しかも、グラフィックはファミコン時代の物と、懐かしさを感じる形で登場しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項