オリビアのミステリー(SFC)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> SFC(11)-> パズル-> ア行-> オリビアのミステリー(SFC)

オリビアのミステリー(SFC)

ジャンル:パズル
メーカー:アルトロン
発売日:1994年2月4日
ハード:SFC

概要

ゲームとして分かりやすく説明すると動く絵のジグソーパズルです。
単にパズルだけのゲームでは無く、物語が語られ、それに合わせたシーンが問題となります。完成した絵と言うのは最初に示されないので、語られた物語から完成図を想像しながらピースを組み合わせていく必要があります。そのため、難易度としては高めです。
ちなみに単にクリアするだけであれば、制限時間は無いので時間を気にせずプレイする事が出来ますが、クリアに掛かった時間はエンディングに影響するため、ベストエンディングを見るためには、それなりに大変になります。
これだけであれば、パズル好きな人なら楽しめる内容なのかもしれませんが、このゲームはなかなか一筋縄ではいきません。
まず、物語がムチャクチャな感じです。別に突拍子もない展開自体はそういう作品だと思えばいいのですが、それだけが唯一のヒントとして解いていかなければいけないというのがかなり難易度が高いです。
その上、グラフィックがお世辞にもうまいとは言えず、素人が描いた絵なのかと思わせてしまいます。それでいて、操作性も良いとは言えず、ストレスだけが溜まっていきます。
意外と謎なのがタイトルで、ミステリー要素がどこにあるのかは全くの謎です。
この動く絵のジグソーパズルと言うシステムを受け継いだ続編と言うのも登場しています。物語の展開やグラフィックなどはそんなに変わり映えしないのですが、そちらはシステムが改良されていて、本作よりも格段に遊びやすくなっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項