3×3EYES 聖魔降臨伝(SFC)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> SFC(3)-> RPG-> サ行-> 3×3EYES 聖魔降臨伝(SFC)

3×3EYES 聖魔降臨伝(SFC)

ジャンル:RPG
メーカー:ユタカ
発売日:1992年7月28日
ハード:SFC

概要

マンガ、3×3EYESのゲーム化作品です。
八雲、パイを操作し、冒険するRPGです。物語としては、原作の一部を受け継いでいますが、オリジナル展開もある作品となっています。
戦闘がコマンド式のRPGになっています。
キャラクターゲームのRPGと考えれば、それ以上でもそれ以下でもない作品と言えなくはありません。ゲームバランスが大雑把なところなど、いろいろと言いたくなる部分はあるのですが、それなりに遊べる感じがします。
ただし、大きな問題点があり、それがこのゲームの評価をかなり低くしています。
このゲーム、原作の設定もあり、主人公は基本的に無敵なので、そのためか、主人公以外のキャラがやられてしまうとすぐにゲームオーバーになってしまいます。
それ自体は、他のRPGでも全くない訳では無いのですが、3人パーティ制で、しかも3人目の仲間が入れ替わる上、加入直後が弱かったりします。それに加えて、バグなのか、仕様なのかは分からない部分もあるのですが、加入直後のレベルアップで経験値を大量に必要とするところがあり、これがゲームを苦戦させる事になります。
しかも、この欠点が一番出るのが、最後の仲間、ラスボス直前で、しかも、セーブが不可能となっている場面という何とも言えない状況になってしまいます。レベルアップしないでラスボスと戦うと、あっという間にやられてしまうなんて悲しい結果になり兼ねません。レベルアップするまではザコ敵でも侮れないという何とも厳しい事になっています。
その点が無ければ、ここまで酷い評価をされる事は無かったのにと思ってしまう作品です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項