フォーメーションサッカー98(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(25)-> スポーツ-> ハ行-> フォーメーションサッカー98(PS)

フォーメーションサッカー98(PS)

ジャンル:スポーツ
メーカー:ヒューマン
発売日:1998年6月4日
ハード:PS

概要

サッカーのゲーム化作品、フォーメーションサッカーシリーズの作品です。がんばれニッポン in Franceの文字がパッケージに書かれている通り、当時、行われたワールドカップフランス大会を題材としています。

サッカーゲームのシリーズとしては、割と定番な感じですが、これもシリーズとしてはお約束な感じですが、日本代表チームも含めて選手名は微妙な感じです。この当時としては、選手が実名で登場するというのを売りとしてアピールしている作品が多い中で、むしろ清々しいなと思ってしまいます。ヒューマンの作品で言えば、本シリーズのみならず、全てに言えるところかもしれません。

サッカーゲームとしては、従来の流れを受け継いでいて、グラフィックの進化や選手データの更新など、分かりやすくバージョンアップしているなという感じの作品です。操作性も格段にかは分かりませんが、進化しています。ワールドカップ、ヒューマンカップなどのモードがあります。

確認してみると、プレイステーションでは最後のフォーメーションサッカーだったんだなと思います。1999年にヒューマンが倒産してしまっているので、ヒューマンから出ているフォーメーションサッカーとしても最後の作品となっています。ただし、廉価版がハムスターから出ていたり、後に権利が譲渡されたスパイクから、続編が登場していたりはします。

本作が出た時点で、フォーメーションサッカーシリーズがどれだけ人気があったのかと言うのは、分からない所もありますが、後で振り返るといろいろと思いたくなります。PCエンジンで登場した第1作からハードが変わったりしながらも、シリーズ作品としては、ほぼ1年に1作登場していて、本作の4年前、1994年にはワールドカップのアメリカ大会に合わせた作品と言うのも出ていたりしたなと思ったりします。

詳しい事情は良く分かりませんが、本作が出た事でヒューマンの経営状況が好転する何て事は無かったみたいです。日本代表が初めて出場したワールドカップに合わせた作品として、期待度はどうだったんだろうと思ったりします。他のサッカーゲームも充実してきていますし、3Dのグラフィックなど、優れている作品が出ている中で、本作が独自の魅力を発揮できてたかと言われれば、微妙になっていたという事なのかもしれません。

それでも、話題のワールドカップに合わせて登場していたという点では、覚えておきたいタイトルと言えるのかもしれません。ちなみに続編は2002年とまたワールドカップに合わせて登場しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項