銀河英雄伝説(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(25)-> シミュレーション-> カ行-> 銀河英雄伝説(PS)

銀河英雄伝説(PS)

ジャンル:シミュレーション
メーカー:徳間書店
発売日:1998年5月28日
ハード:PS

概要

小説で当時アニメにもなっていた、銀河英雄伝説のゲーム化作品です。銀河帝国か自由惑星同盟を選んで、相手と戦うシミュレーションゲームとなっています。

元はセガサターンで登場した銀河英雄伝説、そのバージョンアップ版、銀河英雄伝説 PLUSのプレイステーション版として登場した作品となっています。そのままの移植と言うよりは、簡略化されて遊びやすくなっているという感じの内容になっています。

原作における、イゼルローン攻略から、バーミリオン会戦までを題材としています。進め方によって、原作と同じ様なイベントが起きます。銀河帝国側を選ぶと、イベントによって、選択肢を迫られる事があります。その選び方によって、原作とは違った展開にする事も可能です。原作を知っている人なら、もし、こうなっていたらと一度は考えたくなる展開があります。やはり、一度くらいは選んでみたい選択肢です。興味深いのは、その選択によって、一方的に有利となる訳ではなく、不利なる部分もあって、それを選んだから何もかも上手くいったとは限らないんだろうなと考えると面白いです。

また、当時のアニメのキャラクターが描かれていたり、声優さんが登場していたりもします。

イベントはありますが、比較的自由に進める事が出来る作品です。原作で好きだったキャラクターを自由に使う事が出来ます。

ゲームとしては、コンピュータがあまり賢くありません。無謀な戦いを仕掛けてきたり、人員の配置などにも疑問があったりと、どうしてそうなるのか謎だなと感じる部分があります。その分、難易度が下がっているところでもありますが、それはそれで切なくなります。

原作の雰囲気をどこまで感じる事が出来るのかと言われると、少し微妙に感じる部分もありますが、それなりには楽しめるのかなと思いました。もしもの可能性を追求しているところは興味深い所ではあります。シミュレーションゲームとしても、それなりは楽しめるのかなと思いました。

ただし、それ以上でも無いのも事実で、原作を重視している人にとっては物足りなく感じる部分もあるのかなと思いました。何となく惜しい作品と言う感じがしてしまいます。

銀河英雄伝説のゲーム化作品は本作以降もプレイステーションでいくつか出ていますが、ちびキャラのゲームだったり、漫画だったりと、本作とは違った形の作品として登場しています。シミュレーションゲームとしては、本作のみとなっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項