FIFA ロード トゥ ワールドカップ98(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(25)-> スポーツ-> A〜Z-> FIFA ロード トゥ ワールドカップ98(PS)

FIFA ロード トゥ ワールドカップ98(PS)

ジャンル:スポーツ
メーカー:エレクトロニック・アーツ・ビクター
発売日:1998年5月14日
ハード:PS

概要

サッカーのゲーム化作品、FIFAシリーズの作品です。タイトルにもある通り、1998年に開催されたワールドカップフランス大会を題材としています。ワールドカップがラムのサッカーのゲーム化作品と言うのは、いくつか登場しているのですが、権利関係から微妙にワールドカップと言う名称が異なっている作品も多かったりします。その中で、タイトルにもあるとおり、FIFA公認作品と言う事で、ワールドカップの名称をしっかりと使っていますし、日本の選手は実名で登場しています。他の国の選手が全て実名なのかどうかは良く分かりませんが、世界の有名選手、4500名以上が登場となっていて、有名な選手に関しては、ちゃんと実名で登場しています。

実況、解説もあり、実況が小谷泰介さん、解説が金田喜稔さんとなっています。盛り上げるだけでなく、意外と辛口なコメントがあったりします。

ワールドカップ本選のモードも充実していますが、タイトルにもある通り、ワールドカップへの道のり、予選のモードも充実しているのも特徴的です。世界各地の予選が再現されているので、ワールドカップ出場までの道のりを楽しむ事が出来ます。自分が操作しているチームだけでなく、他のチーム同士の結果も出るので、その結果を見ながら、予選突破を狙っていくのが楽しいです。劇的な展開となった試合の再現なんて楽しみ方も出来たりします。

プレイステーションでのFIFAシリーズのタイトルとしては、2作目となっています。本作は他機種版も含めて、人気があった作品のようです。ゲーム自体、しっかりしているというのはありますが、やはり、日本代表が出場している、FIFAの名前を冠しているというところでワールドカップがきちんと再現されている点で評価されている部分も大きいのかなと思ったりします。

オープニングのムービー、曲も格好良くて、とても強い印象が残っている作品でもあります。

本作はワールドカップ開催の1ヶ月ほど前に登場した作品です。そのため、実際のワールドカップとは、データとして異なる部分もあります。日本代表のメンバーとか、このタイミングで予想されていたのと、実際のメンバーとで、どう違ったのか確かめてみると興味深いです。後にその本選の部分に特化した、FIFA WORLDCUP98 フランス98総集編という作品も登場しています。そちらは実際に行われた大会のデータが元になっていて、本戦の再現と言う意味では、そちらの方が、当然、ちゃんとしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項