フォックスジャンクション(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(25)-> アクション-> ハ行-> フォックスジャンクション(PS)

フォックスジャンクション(PS)

ジャンル:アクション
メーカー:トリップス
発売日:1998年4月29日
ハード:PS

概要

主人公のケイジを操作して、突然事故によって行方不明になった音楽家シルカと歌姫リィリィを救出するために、トラップや敵ロボット、オートマータのうろつく危険な旧都市空間に潜入するというお話です。

グラフィックが少し特徴的で、フィールド自体は3Dで描かれているのですが、キャラクターは2Dの絵でピタッと張り付けられたような感じになっています。特に主人公は後姿のまま、張り付けられているので、ちょっとシュールな感じを受けてしまいます。システムとしては、自分で戦うほか、アイテムを集める事で、パルマータと言うロボットを作って戦わせる事が出来ます。3D空間は入るたびに構造が変わっていくという仕組みになっています。その中をヒントを頼りに目的地を探していくという推理する要素と言うのも含まれている作品です。

独特の世界観など気になる部分はあるのですが、ゲーム中ではあまり語られる事が無く、何だか良く分からない内に始まって、良く分からない内に終わってしまうという感じです。用語など見ると、深い設定があるのかなと思うのですが、何となくで終わってしまっているのは残念な気がします。説明書を読んで理解しろと言うところなのかもしれませんが、もう少しどうにかして欲しかった気がします。

お話としても、探索している内に何となく進んでいくので、あまり必要性を感じられなかったというのも正直なところです。ゲームの目的としてはシンプルなのですが、それだったらそれで余計なところは入れなくても良かったのではと思ってしまいます。

作品全体として、面白い作品を作ろうとしている気持ちは伝わってくる気はするのですが、それが上手く活かされているとは思えないです。

加えて、ボリュームとしてもあっさりとしていて、マップ自体は広いのですが、それによって探索できる楽しみが増しているとも思えないなと思ってしまいました。こういう作品であれば、もう少し探索に特化するような作品になっていても良かったのではと思いました。ヒントとかは、それなりに面白い所ではあるのですが、こういうところでも意外とあっさりという感じです。

細かい所でも遊びにくさを感じる部分もあって、もうちょっと工夫すれば、ちゃんと楽しめる作品になったのではと思ってしまいます。パルマータのための材料を集めていろいろと作っていくのは楽しいなと思う部分なんですが、微妙に不親切に感じる部分があるのが気になります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項