ワールドスタジアム2(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(25)-> スポーツ-> ワ行-> ワールドスタジアム2(PS)

ワールドスタジアム2(PS)

ジャンル:スポーツ
メーカー:ナムコ
発売日:1998年4月29日
ハード:PS

概要

プロ野球のゲーム化作品、ファミスタシリーズの流れを汲むワールドスタジアムシリーズの作品です。

グラフィックは前作から更に進化していて、選手もポリゴンで表現されるようになっています。それによって、特徴ある選手のフォームなどが再現されています。また、操作は前作は従来の物とは違う独特な物でしたが、従来のファミスタシリーズの物となっています。やはり、何だかんだで慣れた操作と言うので遊べるのが、定番のシリーズの良さで、そういう部分は安心して楽しめる要素なので、無理に変える必要はないのではと思ってしまいます。

戦国!国盗リーグと作曲くんと言う2つのモードが追加になっているのが特徴的な作品です。

戦国!国盗リーグと言うのは、チームを選んで試合をしながら、戦国シミュレーションのように領土を広げていくという感じの内容になっていて、戦国武将をモチーフとした選手を加入出来たり、滅ぼしたチームの選手を引き抜いて、自分のチームを強化出来たりと、いわゆるペナントやリーグ戦などとは違った楽しみ方が出来ます。シミュレーションゲームのようなイメージでプレイすると、1つの試合がそれなりに長いので、テンポ良く楽しめるという感じではありませんが、通常とは違ったペナント、リーグ戦と考えると、それなりには楽しめるのかなと思いました。こういうモードは後のシリーズでもお約束のように追加されていたりします。お遊びの様に楽しめるモードがあるというのもらしさになっていくというところでしょうか。

作曲くんは選手の応援歌を作れるモードです。ゲーム自体に直接影響を与える訳では無いのですが、サンプルの数も多くて意外とこだわりの曲を作る事が出来たりします。こだわりダスト

プレイステーションで登場していた前作のワールドスタジアムEXは1996年登場で1年空いていて、その間に同様のシリーズとしては、ニンテンドー64でファミスタ64が登場しています。ただ、ファミスタの名前を冠する作品としては、ファミスタ64が出た後、しばらく出ずに、本作以降はプレイステーションを中心にワールドスタジアムシリーズの作品が展開していく事になります。

プレイステーションとニンテンドー64の勢いの差と言ってしまえば、それまでなのですが、それでもファミスタシリーズの系譜として、ワールドスタジアムが残り、続編が登場していったのは、良かったのかなと後になって振り返ると思ってしまいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項