もってけたまごwithがんばれ!かものはし(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(24)-> アクション-> マ行-> もってけたまごwithがんばれ!かものはし(PS)

もってけたまごwithがんばれ!かものはし(PS)

ジャンル:アクション
メーカー:加賀テック
発売日:1998年4月23日
ハード:PS

概要

画面上のタマゴを拾い、ヒナをかえして、その数を競うゲームです。対戦型のゲームになっていて、1人でもプレイできますが、最大4人でプレイできます。

元々はPCエンジンで発売される予定だった、もってけたまごと言う作品にがんばれかものはしモードが追加されて登場した作品です。ちなみに、単体の作品としては発売されなかったのですが、雑誌の付録としてPCエンジン版は登場しています。パッケージに幻の名作と書かれているのですが、自ら言ってしまっているところが凄いなと思ったりします。

ゲームとしては、割とシンプルなルールの作品です。アイテムなどもありますが、そこまで駆け引きめいた感じでは無くて、黙々とプレイする感じです。難点としては、4人のプレーヤーが参加するゲームですが、1人でプレイすると、他の3人が全て敵と言う事です。1対3のバトルになってしまうので、ちょっと苦労させられます。

キャラクターとか、なんか途中から不思議な事になったりしますが、ゲームだから良いのかとか疑問に思ってしまいます。そんな事を言うと、そもそも、拾ったタマゴでかえったヒナを巣に連れて行くというのも意外と凄い事なのかもしれないと思ってしまいました。

対戦型のゲームなので、コンピュータ相手の対戦と言うよりは、対人対戦を楽しむタイプの作品なのかなと思いました。実際にプレイしてみると、それなりに楽しめる作品です。PCエンジン版は内容としては、もう少しシンプルだったようですが、それでも、どうして発売されなかったのかは疑問に思ってしまいました。

特別に特徴のある作品と言う訳ではないですが、それなりに楽しめる作品としては出来上がっていたのではと思ったりしました。とは言え、同時に、そこまで特徴のある作品ともいえないというのも正直なところで、登場していたら、それはそれで数ある作品のひとつにとどまっていたのかなと思ってしまいました。

少なくとも、幻と言う扱いでは無くなっていると思います。本作自体、そこまで知名度が高い訳でもなく、幻の名作効果がどの程度あったんだろうと思ったりします。ただし、登場した経緯からか、レア作品とされているところもあるみたいです。

そういうのを意図したという訳ではないと思うのですが、後から見ればなかなか興味深い所もあるなと思ってしまいました。作品としては、何だかんだで日の目を見たというところが一番大きかったのかもしれません。無かったことにされるよりはマシという感じでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項