ストレートビクトリー 星野一義への挑戦(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(24)-> レース-> サ行-> ストレートビクトリー 星野一義への挑戦(PS)

ストレートビクトリー 星野一義への挑戦(PS)

ジャンル:レース
メーカー:カルソニック
発売日:1998年4月23日
ハード:PS

概要

3Dのレースゲームです。タイトルにもある通り、レーシングドライバーの星野一義さんが監修した作品となっています。ただし、ゲーム中に目立って登場する事はないです。

実在のレーシングマシンをリアルに再現した作品で、A.I.を持ったライバルマシンと熱いバトルを展開できるというのも特徴のひとつとなっています。2人での対戦も可能で、その時には、上下、2分割画面となります。

メインとなるのはグランプリモードで、セッティングなども考慮して挑む必要があります。突然の天候の変化があったりして、タイヤ交換のタイミングなども重要になってきます。

星野一義さんが監修した作品だからなのか、とても、硬派な印象を感じる作品です。どちらかと言えば、リアルさが強調されていて、そのためか、操作としては難しく感じる部分があります。また、天候による難易度の変化など、細かい部分でのこだわりもしっかりと感じられる作品です。ただし、その分、あまり派手さをあまり感じられない部分もあって、単純にゲームとして見た場合には、少し地味な印象を受けてしまうところもあります。

その辺りはゲームに求めるものの差と言う事になりそうですが、もう少し、ゲームならではの面白味を感じられたらなと思う部分があるのは正直なところです。

オープニング映像やローディング画面にもいろいろと拘りを感じさせます。端的に言ってしまえば、格好良いなと思う部分で、こういうところで気分を盛り上げてくれるのは、地味に嬉しかったりします。ゲーム中のグラフィックなども、プレイステーションではありますが、綺麗に再現されていると思います。

全体としては、硬派で格好良い作品と言う感じる作品です。こだわりも随所に感じられて、丁寧に作られている作品ではあると思います。そういう点ではきちんと楽しめる作品と言う気がします。理想を言えば、もう少し、操作しやすかったらより楽しめたのではと思ったりするのですが、そういうところも、リアルさとのバランスなのかもしれません。レーシングカーを簡単には操作できないというところなのかもしれませんが、ゲームとして考えると、そこら辺はもう少し操作しやすくても良かったのではと思ってしまいました。

カルソニックから出ているからこその作品と言うところでしょうか。ちなみに本作以外で、カルソニックから出ているゲームと言うのは、見当たりませんので、そういう意味では貴重な作品と言えるのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項