アンシャントロマン(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(24)-> RPG-> ア行-> アンシャントロマン(PS)

アンシャントロマン(PS)

ジャンル:RPG
メーカー:日本システム
発売日:1998年4月23日
ハード:PS

概要

3Dで描かれた世界が特徴的なRPGです。ちなみにタイトル画面などでは、はAncient Romanと書かれていて、これを素直に英語として読むと、エインシャントロマンの方が正しいのではと思ってしまうのですが、タイトルなどでワザと違った読み方をする事もあるので、もしかしたら意図的なのかもしれません。ただ、そうじゃなくて、作った側がリアルに間違ったのではと思ってしまうのは、本作の出来があまりにもと言う感じなのが、理由かもしれません。

ゲームとして、全体的に厳しい評価を受けている作品です。まず、特徴としている3Dのグラフィックの出来があまり良くありません。プレイステーションの作品だからというレベルではなく、プレイステーション初期でももう少しはマシだったのではと思ってしまいます。

物語としても、急展開な部分が多く、オープニングはグラフィックも含めて、ある意味でとても印象的なものになっています。いっそ、そういうシュールな作品にしてしまった方が良かったのではと思ってしまうのですが、物語としては至って真面目な感じなのですが、何かところどころ変な風に感じてしまいます。

RPGとしては、バランスが大雑把に感じます。レベル上げないと戦闘で苦労する場面があるのは分かるのですが、ちょっと上げただけで、今度は逆に戦闘が楽になり過ぎてしまいます。通常の戦闘であれば、それも、テンポの良さに繋がると言えるのかもしれませんが、それがボス戦でも同じような感じで、レベルが足りていれば、あっという間に倒せてしまえません。

その他にも声優さんの演技、BGMなど、どうしてこういう出来なんだろうと疑問に感じてしまうような部分が多々あります。

ひとつひとつのパーツだけで見ると、そこまで酷くない、他の作品でも似たような部分はあるとも言えなくはないのですが、そういう悪い部分を全て集めてしまったような出来でなかなか厳しい物があるなと思ってしまいました。良くも悪くも何か突き抜けた部分があって、評価が厳しい作品と言うのは、それはそれでネタとして別の評価がされるという事もあるのですが、本作に関しては、知名度も高くはなく、システム的にこうと言った特徴もない作品で、そういうところも悲しいなと思ってしまいました。

目指していたところは、ファイナルファンタジーVIIのような大作だったのかなと思うのですが、何もかも遠く及ばなかったというのが、現実のようです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項