かっとびチューン(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(24)-> レース-> カ行-> かっとびチューン(PS)

かっとびチューン(PS)

ジャンル:レース
メーカー:元気
発売日:1998年4月23日
ハード:PS

概要

オールスターグランプリ優勝を目指すレースゲームです。単なるレースゲームではなく、育成シミュレーションのような要素もあり、バイトをしてお金を稼いで、マシンのチューニングをしたり、トレーニングして能力を高めたりする必要があります。ちなみに、実名のチューナーが登場するというのも特徴のひとつとなっています。登場人物は実写で登場します。

手っ取り早くお金を稼ぐためには、バイトが楽だったりするのですが、気力がなくなってしまうと倒れてしまう事もあるので、休んだりする必要があります。また、マシンもただパーツを装着すれば良いという訳ではなく、慣らし運転で様子を見る必要があったりします。また、マシンも走り込むと徐々にボロくなっていくので、メンテナンスもしっかりと考える必要があります。

レースゲームとしては、首都高バトルの元気の作品と言う事で楽しめる内容になっています。アシストモードが統制されているので遊びやすくなっています。

単純にレースゲームとしては、楽しめる内容だと思うのですが、育成の要素必要だったのかなと思ったりします。フリーで対戦できるモードがあるので、そういう要素が必要でないのであれば、そちらで楽しめば良いという事なのかもしれませんが、メインのモードだと思うといろいろと気になってしまいました。

バイトで稼ぐというのは、ある意味でリアルな感じなのかもしれませんが、トレーニングして能力を高める要素とかも、それほどの必要性は感じられませんし、ゲームとしてもあまり活かされている感じでは無いです。人間関係、恋愛要素みたいなので、展開があるのかと思いきや、そこまではっきりしたところはなく、中途半端に感じてしまいます。実写の特徴あるキャラクターのインパクトだけは強かったなと言う気がしました。

パラメーターやお金を最大に出来てしまう裏技があったりするのですが、面倒な部分はそういうのでサクサクとこなしてしまった方が良いのではと思ったりします。ただ、マシンのチューニングを最大までやってしまうと、簡単に感じてしまう部分はあって、その辺、なかなか悩ましいとこです。チューニングと言うのがひとつの特徴だと思うと、そういう要素が無くなっては意味が無いのですが、もう少しどうにかならなかったのかなと思ってしまいます。

全体的に中途半端と言うか、何か惜しいなと感じてしまう作品です。育成要素を入れるのであれば、もっといろいろと入れた方が良かったのではと思ってしまいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項