サラブレッドブリーダー世界制覇編(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(24)-> スポーツ-> サ行-> サラブレッドブリーダー世界制覇編(PS)

サラブレッドブリーダー世界制覇編(PS)

ジャンル:シミュレーション
メーカー:ヘクト
発売日:1998年4月23日
ハード:PS

概要

競馬のゲーム化作品、サラブレッドブリーダーシリーズの作品です。タイトルとしては、ナンバリングされていないので、少しややこしいですが、スーファミで展開していたシリーズで、スーファミでのIIIの後に登場しています。プレイステーションとしては、IIプラスというタイトルの作品が本作より前に登場しています。そちらはスーファミ版のIIのプレイステーション版として登場したタイトルで、本作の続編と言う訳ではないです。そういうところも、ちょっとややこしいかもしれません。

前作も海外のレースに挑戦できるというのが特徴だったのですが、副題にもある通り、それがより顕著な作品となっています。日本2か所、アメリカやヨーロッパ4か所に生産拠点が置けて、世界の重賞レースを含め、3000を超えるレースに参戦できるというのが特徴となっています。そのため、例えば、アメリカをを拠点にして、外国産馬で日本のレースに挑むなんて事も可能になっています。繁殖牝馬、仔馬の国移動や海外遠征も可能になっているので、より簡単に海外のレースに挑戦できるようになっています。

メモリーカードを使った対戦も可能で、それだけでなく、競走馬、種牡馬の売買も可能になっています。

世界31の競馬場がポリゴンで表現されています。レースは12頭立てで仕掛け所で熱い駆け引きが再現できるというのも特徴となっています。

海外レースに挑める所など、楽しめると思う反面、移動とかいろいろと面倒な事があるなと感じてしまうのも事実です。その辺り、リアルさとのバランスと言うのもあると思うのですが、もう少し融通を利かせてくれても良かったのではと言う気がします。楽過ぎるとバランスとしてどうなんだというのもありますが、面倒な手間と感じてしまうのマイナスな気がします。

全体としては、それなりに楽しめる作品と言う気もしますが、基本的にはどっかで見た事がある競馬のゲームの印象は否めないです。詳細なデータにこだわりがあるような感じなのですが、そこまで活かされている感じもしないというのが正直なところです。

本作単体で見れば、シリーズ化された作品と言う事で、それなりに楽しめる作品と言う気はしますが、本作ならではと言う要素も感じられず、メモリーカードでの対戦、馬の売買が出来る言われても、その相手を見つけるのは大変そうです。それだったら、分かりやすく人気があるタイトルの方が、そういう相手を見つけやすそうですし、対戦も楽しいのではと思ってしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項