ジュンクラシックC.C&ロペ倶楽部(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(24)-> スポーツ-> サ行-> ジュンクラシックC.C&ロペ倶楽部(PS)

ジュンクラシックC.C&ロペ倶楽部(PS)

ジャンル:スポーツ
メーカー:ティーアンドイーソフト
発売日:1998年4月16日
ハード:PS

概要

ゴルフのゲーム化作品です。タイトルにもある通り、国内有数のトーナメントが行われるジュンクラシックカントリークラブとロペ倶楽部を舞台としています。ちなみに両コースとも、サンドウェッジの考案者であり伝説の名手ジーン・サラゼンの監修で設計されているそうです。両コースとも1つのホールに3つのルートが用意されているので、合計108ホール分の攻略が楽しめるとなっています。

ストロークプレイやマッチプレイ、スキンズマッチなど、6つのモードが楽しめます。また、コースの詳細ガイドなどもあります。

ティーアンドイーソフトから出ているゴルフのゲーム化作品と言う事で、遙かなるオーガスタシリーズの作品のようです。遙かなるオーガスタシリーズと言うと、海外の名門コースを舞台にしている作品のイメージが強いのですが、本作は日本のコースが舞台となっています。すべてが確認できているのかは、良く分からない所もありますが、かなり珍しい気がします。また、PC版が最初で移植と言う展開も多いシリーズですが、本作はセガサターン、プレイステーションのみの展開となっているみたいです。

ゴルフゲームとしては、定番の作品と言う感じです。プレイステーションと言う事でより人物とか、背景とかリアルになっている感じはしますが、基本的にはいつもと同じという気もしないでもないです。安心して楽しめる反面、目新しさも感じないというのも正直なところからも知れません。でも、良くも悪くもそういうシリーズですから、そういう意味では期待を裏切ってはいないのかなと思いました。

ただ、シリーズとしては末期の作品と言う形で、これも正確に把握できているのか分かりませんが、新しいコースでの続編と言うのは、目立って登場していないみたいです。

当時としては、ゴルフゲームはみんなのGOLFが人気があった頃で、単純にリアルさを追求していればいいというところでもなくなってきたと言うところなんでしょうか。ハードの進化とかもあるので、このシリーズが続いていたらどういう形になっていたんだろうと少しだけ思ってしまいました。

ティーアンドイーソフトのゴルフゲームとしては後に登場している作品もあります。プレイステーション2で初のゴルフのゲーム化作品として登場した、ゴルフパラダイスや、ニンテンドーDSで登場した大人のDSゴルフに関わっていたりと、ゴルフゲームの老舗として、存在感を示していたのかなと思ったりしました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項