テイルコンチェルト(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(24)-> アクション-> タ行-> テイルコンチェルト(PS)

テイルコンチェルト(PS)

ジャンル:アクション
メーカー:バンダイ
発売日:1998年4月16日
ハード:PS

概要

犬ヒト、猫ヒトが住むプレーリーと言う、浮遊群島からなる王国を舞台にしたアクションアドベンチャーです。

犬ヒトのお巡りさん、ワッフルが主人公で、悪さを働く黒猫団を逮捕仕様と出動するところから始まります。黒猫団を追いかけるうちに、更なる大事件に巻き込まれるなんてお話です。

ワッフルが乗るポリスロボを操作して、アクションを繰り広げていきます。ポリスロボは、状況に応じて、ジャンプ、持ち上げる、投げつける、ぶら下がるなど多彩なアクションが出来ます。また、バブルガンにより、敵を泡の中に閉じ込めたり、敵の乗り物にダメージを与える事が出来ます。

ゲームとしては、操作性も良くてテンポ良く楽しめる作品なのですが、一部、見づらい部分が気になってしまいました。こういうゲームだとありがちな所なのですが、視点が見づらいと、ちょっとやりにくいと感じてしまう部分がいくつかあります。

世界観もしっかりしていて、そういう雰囲気はちゃんと楽しめる作品です。見た目の可愛らしさとゲーム性が見事にあっているなと思いました。難易度としても、そこまで難しくはなく、初見だと苦労するところでも何度かやっていれば、それほど苦労せずに攻略できるようになります。お話自体も一応壮大な感じなのですが、割と分かりやすい感じです。魅力的なキャラクターと言うのも特徴的で、主人公もそうですが、捕まえる相手である黒猫団もそれぞれのキャラクターが丁寧に描かれているなと思います。アニメ部分も良く出来ている気がします。

知名度としては、そこまで高くはないと思いますが、それなりの人気があるというのは良く分かる気がします。

難点としては、ボリュームが少ないというところでしょうか。コンパクトにまとめられて手軽に楽しむ事が出来るという点では良いのですが、これだけちゃんと楽しめる作品であれば、もっといろいろと遊んでみたいという気持ちになってしまいます。もう少し歯ごたえがあるステージ、敵が出て来ても良かったのではと思ってしまいます。

直接的な続編ではありませんが、世界観が共通で、本作のキャラクターもゲストキャラクターとして登場する、Solatorobo それからCODAへがニンテンドーDSで10年以上経ってから登場しています。

ちなみに、リトルテイルブロンクスと言う共通の世界観を持つシリーズ作品として、まとめられています。リトルテイルブロンクスで言うと、福岡県防災キャラクターまもるくんと言うキャラクターが含まれていたりします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項