ブリガンダイン 幻想大陸戦記(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(24)-> シミュレーション-> ハ行-> ブリガンダイン 幻想大陸戦記(PS)

ブリガンダイン 幻想大陸戦記(PS)

ジャンル:シミュレーション
メーカー:イースリースタッフ/ハーティーロビン
発売日:1998年4月2日
ハード:PS

概要

6つの国からなるフォルセナ大陸を舞台にしたシミュレーションゲームです。5つの国からひとつを選び、フォルセナ大陸統一を目指します。

ファンタジー世界を舞台にしたシミュレーションゲームで、マナと言う不思議な力が存在する世界です。このマナを使ってモンスターを召喚し、操る事が出来る、ルーンの騎士を駆使して、大陸制覇を目指していきます。

ルーンの騎士はモンスターを召喚して戦いますが、モンスターを召喚するのに重要となるのが統魔力です。この値に応じて、召喚できるモンスターの数が決まってきます。モンスターによって、必要となる統魔力に違いがあり、強力なモンスターであれば、当然、たくさん必要となるため、数と強さとのバランスを考えて召喚する必要があります。

また、ルーンの騎士、モンスター共にレベルの概念があり、如何に育てていくのかも重要になります。特にモンスターは育てないとなかなか強さを発揮できない上、やられてしまうと消滅してしまうため、どうやられないように育てるのかが重要になってきます。しかも、レベルを上げたからと言って、戦い方によっては、簡単にやられてしまう事もあるので、油断しないように注意する必要があります。せっかく、育てたモンスターがやられてしまうのは意外と切ないです。

世界観がしっかりとしている作品で、国ごと、キャラクターごとに特徴がはっきりと出ているのが魅力的です。選んだ国によって、事情が異なるため、それぞれ違った感覚で楽しむ事が出来る作品となっています。


後に、リメイク版、完全版と言う形で、ブリガンダイン グランドエディションと言うタイトルの作品が登場しています。いろいろと変更点はありますが、本作では選ぶことが出来なかった、エストレガレス帝国を選んでプレイする事も可能になっています。

ちなみに本作の特徴のひとつに3Dポリゴンによる戦闘と言うのがあるのですが、そちらはグランドエディションの方では省かれていたりします。テンポを考えてというところなのかもしれませんが、進化したのだか、退化したのだか、分からないような変化だなと思ってしまいました。

本作単体で見れば、ちゃんと楽しめる作品だとは思いますが、グランドエディションの方を遊んでしまうと、未完成な部分があったのかなと思ってしまいます。ちなみにグランドエディションの方はゲームアーカイブスでも提供されているので、遊ぶ環境としては整っているのかなと思ったりします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項