闘神伝カードクエスト(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(24)-> その他-> タ行-> 闘神伝カードクエスト(PS)

闘神伝カードクエスト(PS)

ジャンル:その他
メーカー:タカラ
発売日:1998年4月2日
ハード:PS

概要

3Dの対戦格闘ゲーム、闘神伝シリーズのキャラクターが登場するボードゲームです。

エイジ、カイン、エリス、ソフィア、トレーシー、デューク、デヴィッド、スイレイの中から、パートナーを選んでプレイします。基本的には、ルーレットを回して、その数だけ進んで行くというタイプのボードゲームになっていて、マス目に応じてイベントが起きます。イベントには、闘神伝シリーズのキャラクターが登場します。

また、カードクエストと言うようにカードと言うのも重要な要素になっていて、止まったマスによっては、集めたカードによるバトルと言うのも行われます。カード収集と言うのも、ゲームの目的のひとつとなっています。

物語に従って進めていくストーリーモードと自由に対戦できるフリープレイモードが用意されています。

キャラクターには、精神力、運、親密度のパラメーターがあり、イベントによって変化します。親密度が上がると、メッセージに変化があったりします。フリープレイモードでは、これらのパラメーターも勝敗に影響します。

ボードゲームとしては、割と単純な作品のような気がします。カードバトルのような要素もありますが、そこまで練られている感じはしないというのは正直なところです。キャラクターゲームとしては、シリーズのキャラクターが一通り登場しますので、楽しめる部分はあるのかなと思いました。イベントごとに良く喋ります。メインとなる8人のキャラクターは親密度によって、メッセージが変わったり、特定のイベントがあったりしますので、それなりに楽しめるという気もしなくはないです。

ただ、対戦格闘ゲームとして、闘神伝シリーズが好きな人にとっては、少し微妙な出来なのかもしれないと思ってしまいました。でも、こういうゲームが出ていたという事は、キャラクターとして人気があったという事なのかもしれません。

闘神伝シリーズの作品としては、ナンバリングタイトルの3まで登場した後、落ち物パズルゲームのパズルアリーナ闘神伝、そして、本作と3D対戦格闘ゲームとは違った作品が登場していましたが、本作の後に、また、対戦格闘ゲームである闘神伝 昴が登場しています。そちらは、4とはなっていませんが、実質的な4扱いの作品となっています。時代が約10年経っていて、キャラクターがほぼ一新と新しい展開を見せようとした作品でしたが、出来としては、あまり良くなく、シリーズの中でも厳しい作品を受ける事になります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項