実機パチスロ徹底攻略 山佐コレクション(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> その他-> サ行-> 実機パチスロ徹底攻略 山佐コレクション(PS)

実機パチスロ徹底攻略 山佐コレクション(PS)

ジャンル:その他
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ
発売日:1998年3月26日
ハード:PS

概要

パチスロのゲーム化作品です。タイトルにもある通り、ニューパルサー、ワイワイパルサー2、タンタンタヌキ、ケロケロパルサー2の4台の山佐のマシンが収録されています。

パチスロ初心者の人でも安心して楽しめるというのが、特徴になっていて、コイン関連操作の完全自動化、プレイ中の操作をコントローラーの片側に集中させているので、片手で気軽に楽しむことが出来るようになっています。

更に目押しマーカーやリール回転速度制御で目押しの練習が出来たり、差枚数カウンターの表示が可能で、小役補正の仕組みが目に見えたり、設定判別打法と、リプレイはずしには専用練習モードが用意されていたり、クロスカウンター打法の練習も可能となっています。また、リーチ目研究の出来るヒストリー機能など、それ以外の機能も充実となっていて、初心者だけでなく、中級者、上級者の人も楽しめるとなっています。

実戦を想定した練習が出来るというのが特徴のようで、そのための支援環境が整っているという事のようです。

どこまで実戦的なのかは分からない所もありますが、攻略法を学べるという点では興味が出てくるところなのかなと思ったりします。

パチスロやパチンコのゲーム化作品と言うと、収録されている台と言うのも気になりますが、ワイワイパルサー2に関しては、同年に発売された同じようなパチスロのゲームでも収録されている物もあります。本作発売の2週間ほど前にヒューマンから登場していた、パチスロ完全解析と言う作品にも含まれていたりします。

そういうのを見ると、ゲーム化作品によっての違いと言うのがあるのかなと思ったりします。どちらも、攻略を全面に売り出している作品ですから、どっちの方が結果が出たのかなとか思ってしまいます。しかも、比較的発売日が近いという事もあって、ちょっと気になるなと思ってしまいました。

そこまで人気があった台なのかと言うのは、当時の状況を詳しくは知らないので良く分からないところもあるのですが、少なくとも売りになると考えられていた台と言うところなのかもしれません。

当時として、攻略方法がどの程度、役だったのかは定かではありませんが、今、改めて遊んでみると、懐かしさを感じる物になっているのかなと思ったりします。そういう点でも比べてみると面白いのかも知れないと少しだけ思いました。

実機パチスロ徹底攻略のシリーズとしては、SPEEDとCR金閣寺3を収録したものが後に登場しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項