…いる!(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> アドベンチャー-> ア行-> …いる!(PS)

…いる!(PS)

ジャンル:アドベンチャー
メーカー:タカラ
発売日:1998年3月26日
ハード:PS

概要

タイトルやパッケージを見て想像できるかもしれませんが、3Dのホラーテイストのアドベンチャーゲームです。

舞台は文化祭を翌日に控えた学校となっています。いかにもと言う感じで恐怖を引き立てられる作品になっています。この当時の作品なので、3Dポリゴンなどは粗いと感じる部分もあるのですが、それがまた独特の怖さを醸し出しています。

お話としては、クトゥルフ神話がベースになっている部分もあり、その手の物語が好きな人にとっては興味が惹かれるかもしれません。関連したモンスターなども登場します。主人公は普通の高校生と言う事で、モンスターとまともに戦うような展開は無く、逃げたり、隠れたりしながらモンスターを避けていく必要があります。こういうところの怖さも、らしさを感じるところかもしれません。

主人公の視点でのゲームとなっているのですが、そのためか操作性はあまり良くないですし、視点の切り替えが自由に出来ない為、場面によっては普通に歩くだけでも3D酔いしてしまったりしてしまう難点はあります。この辺は、個人差もあるところかもしれませんが、気になる部分ではあります。

ただし、怖さを感じるのは確かで、一人で夜にプレイすると怖いなと思ってしまいます。学校の文化祭の前の日の夜と言うのが、如何にもありそうな雰囲気と言うのが、また、想像力を逞しくしてしまうなと思いました。

操作性が悪かったり、フラグ立てが面倒だったり、3D酔いしたりなどなど、気になってしまうところもあるのですが、この手のゲームだと、そういう理不尽さも雰囲気を煽る物になっているのかなと少しだけ思ってしまいました。

ホラー系の作品だと、雰囲気が大事なのかなと思ったりします。もちろん、最新のハードで美麗なグラフィックで感じる怖さと言うのもあるとは思いますが、それだけではないんだなと思いました。

とは言え、当時としては、最新のハードで提供された作品ですから、そういうグラフィックと言うのも特徴のひとつだったんだろうなと思います。それが、後々、レトロな雰囲気の怖さにつながっていくというのもなかなか興味深い所です。

プレイステーションで登場した、この手の作品では、今となってはそういう雰囲気を感じさせるものが多いというのも面白いなと思ってしまいます。その境目、どこからそういう雰囲気を感じる事になるのかと言うのも気になる所なのかもしれません。バイオハザードシリーズとかも初代が怖いというのもそういうところにあるのかなと言う気もします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項