東京23区制服WARS(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> アドベンチャー-> タ行-> 東京23区制服WARS(PS)

東京23区制服WARS(PS)

ジャンル:アドベンチャー
メーカー:マップジャパン
発売日:1998年3月26日
ハード:PS

概要

制服WARSと言う、制服の力を巡って戦いが行われた東京23区を舞台にしたお話です。引っ越して沖縄で暮らしていた主人公が、東京に住んでいた時の幼馴染からもらった手紙をきっかけに東京に向かうというところからお話が進んで行きます。

制服には不思議な力が宿っているとかなんとか、それを巡る戦いが行われたとかなんとか、オープニングを見ただけお腹いっぱいになりそうなお話です。ゲームとしては、アドベンチャー形式で進めていきますが、戦闘もあるので、どっちが主なのか、良くわからない作品でもあります。

戦闘と言うのが、また、不思議な感じで、アクション性がある訳ではなく、ジャンケンの三すくみのような形で行われます。制服には、属という物があり、それぞれの属は、ある物には強くて、ある物には弱いという、ジャンケンのグー、チョキ、パーのような関係があり、それに合わせて相手に与えるダメージが異なるという感じです。

相手の弱点に当たる属のキャラクターを選んで戦わせる事が大事になっていきます。相手の属が分かっていれば、そこまで難しくはないのですが、相手の属が分からない場合には、どういうダメージの与え方をするかで見極める必要があります。

設定からしてツッコミどころ満載の作品なのですが、東京23区と言っている割に、8つの区しか登場しないなど、ボリュームとしても今ひとつな感じがしてしまいます。23区全て登場させてクリアしないといけないとなると、大変ですが、クリアするステージは8つでも選択できるステージとしては全部用意して欲しかったなんて少し思ったりしました。

ゲームとしては、アドベンチャーとしても中途半端な気もしますし、戦闘もあまり工夫できる要素も無く、単調な気がしてしまいます。

設定として、突き抜けている感じがあるので、そういう雰囲気を楽しめれば、それなりに楽しめるのかなと少しだけ思いますが、どうしても無理矢理な感じがしてしまってしょうがないです。ご都合主義なのは仕方ないと思うのですが、それがあまりにだと、理解できないと思ってしまうところも多いなと思いました。

こういうゲームもあったんだなと振り返るには面白いかもしれないですが、ゲームとして楽しめる物だったのかはちょっと疑問だなと思ってしまいました。ゲームシステムとか、もう少し工夫して戦える要素とかあれば、また、少しは違ってくるのかもしれませんが、そこまで洗練されている訳でもないです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項