レブス(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> シミュレーション-> ラ行-> レブス(PS)

レブス(PS)

ジャンル:シミュレーション
メーカー:アトラス
発売日:1998年3月26日
ハード:PS

概要

レブスと言う世界を舞台にしたシミュレーションRPGです。主人公は自由騎士の少年トキサと神官戦士の少女ラクリマの二人で、どちらかを選んでプレイしますが、それぞれの物語が展開されます。キャラクターデザインが天野喜孝さんと言う作品でもあり、ゲーム中でも表示されます。立体音響対応と言う、音楽にもこだわっている作品のようで、ヘッドホンやイヤホンでのプレイ推奨となっています。

特徴的なのは、カルティアと呼ばれる物です。分かりやすく言えば、文字のような物なのですが、それを組み合わせる事によって、幻獣を生み出したり、武器や防具を作ったり、魔法を使ったりします。物語の根幹にもつながる物なのですが、ゲームのシステムにおいても重要な要素になっています。

基本的には分かりやすいシミュレーションRPGになっています。幻獣には、三すくみになっている相性があるので、その相性を考えてプレイする事が重要になります。ステージ合間に物語が繰り広げられますが、基本的には一本道で分岐の類は無いです。

カルティアシステムはいろいろと出来るので面白いと感じる部分なのですが、入手が限られている物もあって、何でもかんでも出来る訳じゃないというのが、少し残念です。クリアするだけであれば、そこまで困る事はないのですが、どうせだったら、やり込みたいと思った時には物足りなさを感じてしまいます。

二人の主人公のお話ですが、両方をプレイする事で真実が明らかになっていく事もあるので、最終的には両方をプレイする必要があります。進め方は自由なので、片方ずつ進めて楽しむという方法もあるとは思いますが、クリアすると装備は引き継げるので、どちらか片方を先にクリアした方が後の方は楽にクリアできるようになります。

物語としては、一本道で選ぶ場面も無かったりするので、自由度と言う点での物足りなさは感じますが、お話としては、ちゃんとしていて、両方のお話で分かる事など、楽しめる作品にはなっています。天野喜孝さんのイラストと言うのも、世界観とマッチしていて、雰囲気を盛り上げてくれます。難易度としても、そこまで難しくはなく、割とサクサクと進む感じです。

システムとしても分かりやすくて、遊びやすい作品だと思うので、手軽に楽しめる作品と言う気がします。どうせなら、カルティアシステムがもう少し幅広く出来たら、より楽しめたのかなと少しだけ思いました。装備だけじゃなくて、引き継げたら良かったのになと思ったりもします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項