イメージファイト & Xマルチプライアーケードギアーズ(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> シューティング-> ア行-> イメージファイト & Xマルチプライアーケードギアーズ(PS)

イメージファイト & Xマルチプライアーケードギアーズ(PS)

ジャンル:シューティング
メーカー:エクシング
発売日:1998年3月19日
ハード:PS

概要

イメージファイトとXマルチプライがカップリングされて移植された作品です。イメージファイトに関しては様々なコンシューマ版が登場した後に登場した作品となっていますが、Xマルチプライに関しては当時は初のコンシューマ版でその後も本作と同じ様な形で登場したセガサターン版はありましたが、移植作としては限られていて、そういう点では貴重な作品だったりします。

イメージファイトは縦スクロール型のシューティングゲームです。5ステージまでは仮想空間で訓練となっていて、そこから先のステージの実戦に進むためには、一定の条件を達成してクリアする必要があります。クリア出来な場合、補習ステージが登場しますが、補習ステージの難易度は高めとなっています。Xマルチプライは横スクロール型のシューティングゲームで、設定としては、エイリアンに寄生された人を救うため、ミクロ化した戦闘機で体内に入り込んで戦うなんてお話になっています。そのためか、見た目としてはグロテスクな感じになっています。見た目の雰囲気としては、R-TYPEと言う感じですが、元々の開発はアイレムで、R-TYPEの続編的な作品として開発されたなんて話もあるみたいです。敵や背景だけでなく、自機が触手を生やすというのもなかなか凄い物があります。

両作品とも難易度が高い作品として知られていますが、それはきっちりと反映されています。そういうところも、アイレムが開発したシューティングゲームならではと言う感じです。基本的にはやられながら、攻略パターンを覚えていくというタイプの作品となっています。とは言え、覚えたから簡単にクリアできるかと言われれば、そういう訳でもなく、難易度が高いのは変わらないです。

シューティングゲームとしては、両作品とも名作と言われる作品なので、十分に楽しめる作品にはなっています。イメージファイトの方は移植版も多いので、それなりに知られたタイトルだとは思うのですが、Xマルチプライに関しては知名度はあまり高くない印象です。その知名度の低さに理由があるのか気になります。

両作品ともR-TYPEシリーズとの関わりもあると言われています。最初からなのか、途中からなのか、あるいは強引になのかは良く分かりませんが、後のR-TYPEシリーズの作品で、ボスが登場したり、モチーフとなった機体が登場していたりもします。そこまで緻密な設定と言う感じではなく、サービス的な部分もあるのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項