みつめてナイト(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> シミュレーション-> マ行-> みつめてナイト(PS)

みつめてナイト(PS)

ジャンル:シミュレーション
メーカー:コナミ
発売日:1998年3月19日
ハード:PS

概要

ドルファン王国と言う中世ヨーロッパ風の国を舞台にした恋愛シミュレーションゲームです。サクラ大戦で知られていたレッドカンパニーと、ときめきメモリアルで知られていたコナミによる共同開発と言うので、注目された作品でもあります。

主人公は東洋人の傭兵で、ドルファン王国にたどり着いたところからお話が始まります。

ゲームとしては、一般的な恋愛シミュレーションのように女の子とデートなどをしながら女の子と親しくなる部分と、傭兵として武勲を上げていく部分とがあります。こういうところの組み合わせが、ときめきメモリアルとサクラ大戦の組み合わせと言う感じがして、楽しめる部分ではあります。

恋愛シミュレーションゲームとしては、女の子の会話、特に選択肢が独特で、ネタなんだろうなと思うのですが、それにしてもそれで良いのかと言いたくなってしまうような部分もあります。

個性的で魅力的な多数登場するのも特徴のひとつです。選んだヒロインにもよりますが、攻略としては難しめな気がします。展開としても分かりやすいハッピーエンドと言う感じでは無い所は好みが分かれるかもしれません。その分、物語としてはしっかりしていて、世界観も含めて楽しめる作品にはなっていると思います。

一見するとお気楽な恋愛シミュレーションと言う感じがするのですが、世界観や傭兵と言う主人公の立場もあって、シリアスな展開もあったりします。そこら辺は、少しタイトルとのギャップを感じてしまう部分だったりします。分かりやすい恋愛シミュレーションをイメージしていると、話の展開などでギャップを感じるかもしれません。

ヒロインの数が多いだけでなく、通称を集めるなどのやり込み要素もあるので、何度もプレイする楽しみがある作品です。しかも、プレイする毎に新しい発見があり、世界観をより楽しめるようになります。1回のプレイだけでは分かりにくかった部分も回数重ねる事で理解できるようになったりします。

豊富な裏設定もあり、ゲーム本編だけでなく、ドラマCDや雑誌の連載などで語られる部分もあったりします。そういうのを知るとより楽しめる作品になるのかなと思ったりします。

後にみつめてナイトR 大冒険編と言う続編が登場しますが、そちらはRPGで、登場するキャラクターは同じですが、お話としては本作とのつながりはありません。ファン向けの作品という感じですが、本作と同じ様な雰囲気を感じる部分と言うのもあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項