英雄伝説III 白き魔女 -もうひとつの英雄たちの物語-(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> RPG-> ア行-> 英雄伝説III 白き魔女 -もうひとつの英雄たちの物語-(PS)

英雄伝説III 白き魔女 -もうひとつの英雄たちの物語-(PS)

ジャンル:RPG
メーカー:GMF
発売日:1998年3月19日
ハード:PS

概要

英雄伝説シリーズの作品です。本作より前のシリーズ作品もPCで登場して、そこからさまざまなハードの移植版が登場していますが、本作も同じようにPCで登場した後に、様々なハードで登場し、その中のひとつ、プレイステーション版となっています。英雄伝説の名前は関していますが、前作までの世界観とは異なり、後にガガーブトリロジーと呼ばれるシリーズの第1弾ともなっています。ちなみに、ガガーブとは南北を走る大地の割れ目の事で、ガガーブが出来た年を基準とするガガーブ暦が使われている世界となっています。本作の舞台はそのガガーブの東側のティラスイールとなっています。

物語としては、主人公、ジュリオとクリスを操作して、成人の儀式により巡礼の旅へと向かい白き魔女の軌跡をたどっていくなんてお話です。物語重視という作品のため、自由度としてはあまり高くありません。章立てになっていますが、章ごとにいける範囲は決まっていますし、後戻りも出来なくなっています。

戦闘システムはPC版では自動戦闘のみでしたが、本作では手動で戦う事が出来るようになっています。そのため、戦闘で苦労する事は少なくなっています。

自由度が低いため、好きなようにキャラクターを育てて冒険するというような楽しみ方をするのではなく、物語に浸るという感じの作品で、そういう雰囲気を楽しめないと面白くないのかなと思いました。好みもあるとは思いますが、物語を重視している作品と言う事もあって、単純なだけでは無いお話などは興味が惹かれるところではあります。

基本的な物語は元の作品、移植作と変わりありませんが、移植に関わっているメーカーが異なっているためか、それぞれの作品でアレンジが微妙に異なっているのも特徴的です。それぞれ、単独でプレイする上では、そこまでは気にならないですが、比べてプレイすると、気になってしまう部分も多いです。ちなみにタイトルも微妙に違っていて、英雄伝説がついたり、つかなかったり、副題がついたり、つかなかったりと何だかややこしい事になっている気がします。

プレイステーション版はグラフィックなども含めて、評価としてはあまり高い物ではありませんが、それも他の作品と比べてという気もします。単独の作品として見れば、物語はしっかりと楽しめますし、戦闘システムも元の作品よりは遊びやすくなっているので、これはこれでいいのではと思ってしまいます。

続編の英雄伝説IV 朱紅い雫もプレイステーション版が登場しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項