みどりのマキバオー 黒い稲妻 白い奇跡(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> アドベンチャー-> マ行-> みどりのマキバオー 黒い稲妻 白い奇跡(PS)

みどりのマキバオー 黒い稲妻 白い奇跡(PS)

ジャンル:アドベンチャー
メーカー:アクセラ
発売日:1998年3月19日
ハード:PS

概要

漫画でアニメにもなっていたみどりのマキバオーのゲーム化作品です。こういう作品だと、アニメがあった場合、アニメの設定が優先される事が多いですが、本作は物語としては、漫画の方がベースになっています。そのため、アニメで登場するキャラクターが登場しなかったり、展開も異なる場面もあります。

ただし、マキバオー、チュウ兵衛の声優さんはアニメ通りだったり、オープニングテーマとして、アニメのオープニングテーマ、走れマキバオーが流れたりと、ごちゃまぜな感じになっています。グラフィックなどはアニメ絵です。ちなみに発売された時期としては、アニメ版は放送を終了していて、漫画版も連載が終了と言う時期になっています。漫画とアニメ後半の展開が違うので仕方ないのかもしれませんが、アニメ版しか知らないと違和感を感じるかもしれません。

ゲームとしては、アドベンチャー形式で物語を進めていきます。ところどころ、レースや特訓などの要素があります。熱いレース展開、特訓なんてのを期待してしまいますが、やる事としては、ボタン連打と言うところで、これが結構厳しめです。クリア不可能と言うほどではないですが、割と真剣にやらないと進める事が出来ないのは大変です。

レース結果などによってストーリー展開が異なり、マルチエンディングとなっています。

ボタン連打の部分は気になるところですが、原作が好きな人であれば楽しめる作品だとは思います。お話としては、原作ベースですが、絵などはアニメがベースになっていて、このゲームのために描き起こされたなんてのが、セールスポイントになっているみたいです。

テンポ良く進める事が出来ますし、雰囲気はしっかりと感じる事が出来る作品だとは思います。少し残念なのが一応ボイス付なのですが、フルボイスとはいかず、限られた場面で、しかも、限られたキャラしかついていない事。せっかくのアニメ絵なのに、勿体ないなと思いました。

物語としては、原作とアニメ版、どっちが良いのかは悩むところだろうなと思います。原作の悲しい場面と言うのはあまり見たくないという気持ちもあるのですが、そういう場面があってこそと言う気持ちもあって、難しい所です。そういう意味では、原作の漫画の方を尊重した本作の意味と言うのはあるのかなと思いました。

みどりのマキバオーのゲーム化作品としては、本作より前にゲームボーイで登場した作品と言うのもあります。そちらはレース主体の作品になっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項