ボールブレイザー(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> アクション-> ハ行-> ボールブレイザー(PS)

ボールブレイザー(PS)

ジャンル:アクション
メーカー:BPS
発売日:1998年3月19日
ハード:PS

概要

元はルーカスフィルムが開発したゲームで、ファミコン移植版などもあったボールブレイザーのリメイク版となっています。

ロートフォイルと呼ばれるホバークラフトのような小型の乗り物を操作して行う1対1のサッカーのような、エアホッケーのようなゲームです。

バトルスタジアムは全部で12種類あって、ホッケーやサッカーのような感覚で楽しめる物もあったりします。

8人のキャラクターから一人を選んでプレイしますが、キャラクターごとに乗るロートフォイルの能力が違っています。フィールド上に落ちているアイテムを活用しながら、ゴールを奪っていきます。試合に勝つと賞金を貰う事が出来、その賞金を元にロートフォイルをパワーアップする事が出来ます。

一応、ゴールを目指してと言うのがメインとなりますが、相手を直接攻撃して妨害する事が出来るので、相手を上手く攻撃し、相手の攻撃を上手くかわしながら進める事が重要になってきます。

大元の作品と比べると、ハードの違いもあり、グラフィックなどは分かりやすく進化しています。スピード感はしっかりと感じられて、見た目にも分かりやすくなっている気がします。ルーカスフィルムが開発したゲームと聞くと、SF世界をイメージしたくなるという意味では、本作のような作品だったらイメージ通りだったのかなと思います。ハード的なものもあって難しかったとは思いますが、そういうのを想像してしまいました。

ちなみに元の作品のようなグラフィック、ルールで楽しめるモードと言うのも隠しですがあります。そちらはルールもアイテムなど無く、よりシンプルになっています。

本作はゲームとしてはスピード感があって、ルールとしてもシンプルで楽しめる作品だとは思います。スピード感があるので、3D酔いしそうというのはあるのですが、それはこの手のゲームでは仕方ないなと思います。

コンピュータ相手の対戦ではトーナメントモードと言うのもあるのですが、難易度に関しては少し微妙かなと言う気もします。慣れの問題もあるのかもしれませんが、ちょっと強すぎる印象があります。そうなるとストレスが溜まりそうです。対人対戦も可能なので、そっちの方が盛り上がるのかなと思ったりしますが、そうなると対戦相手を探すのが大変そうな気もします。対戦するとなれば、同じぐらいのレベルの相手がいなければならず、有名とは言えないソフトだと余計に探すのが難しいんだろうなと思ったりします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項