ヘクセン(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> アクション-> ハ行-> ヘクセン(PS)

ヘクセン(PS)

ジャンル:アクション
メーカー:ゲームバンク
発売日:1998年3月19日
ハード:PS

概要

暗黒の世界を創りあげた、邪悪の根源、コラックスを倒すために戦うというお話です。FPSとして、有名なDOOMのシステムで作られた作品でもあります。本作より前にHereticと言うタイトルの作品があり、その流れを受け継いだ作品となっています。ちなみにHereticは、コンシューマ版と言うのは無いので、当然、プレイステーションでも出ていません。ちなみにDOOMとは違い、ファンタジー世界が舞台となっています。

戦士、僧侶、魔術師の中からプレイヤーキャラクターを選んでプレイします。キャラクターごとに武器やステータスなどの違いがあります。3Dのフィールドを歩きながら、敵を倒して進んで行きます。単純に敵を倒していくところは、FPSのシステムを受け継いでいて楽しめる要素になっています。武器で攻撃するだけでなく、魔術と言うのも重要な要素になっています。

独特のファンタジー世界が舞台で、そのおどろおどろしい雰囲気が気分を盛り上げてくれます。グラフィックは今見ると粗い気はしますが、おどろおどろしいという意味では、これぐらいでも良いのかもしれないと思ったりしました。意外とスピーディに動くので3D酔いとかには気を付けた方が良いかもしれません。

難点としては、マップが複雑な所でしょうか。先に進むためには、スイッチを探したり、鍵を見つけたりする必要があるのですが、それらを見つけるのがまず大変です。その上、マップの構造自体も複雑になっています。マップ自体は見る事が出来るのですが、どうなっているのかをしっかりと把握しておかないとすぐにどこにいるのか分からなくなってしまいます。

また、狭い足場など、意地が悪いと思ってしまうような部分もあります。その辺りは、海外の作品なので仕方ないのかなと思うところもありますが、そういうところも含めると難易度は高めなのかなと思いました。一応、プレイに慣れてくれば、どうにかなる部分ではあります。不親切な部分もありますが、どうしても先に進めないというほどの理不尽さは無いので、こういうシステムに慣れさえば、先を目指す事は可能なのかなと思いました。でも、全てクリアするとなるとやはり大変そうです。

本作の移植版に関しては、プレイステーション版だけでなく、セガサターンやニンテンドー64などでも登場しています。また、続編と言うのもあるみたいです。グラフィックの進化などは気になるところではあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項