タイムボカンシリーズ ボカンですよ(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> シューティング-> タ行-> タイムボカンシリーズ ボカンですよ(PS)

タイムボカンシリーズ ボカンですよ(PS)

ジャンル:シューティング
メーカー:バンプレスト
発売日:1998年3月12日
ハード:PS

概要

ヤッターマンの三悪、ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーのドロンボー一味が主役のシューティングゲームです。ボカンと一発!ドロンボーの続編として登場しています。

敵は前作と同様、タイムボカンシリーズの善玉となっています。

ノーマルゲームとスペシャルゲームがあり、ストーリーが異なります。

ゲームとしては、縦スクロール型のシューティングゲームで、自機は原作のアニメに登場した悪玉メカから選んでプレイします。ショットで攻撃するところは、一般的なシューティングゲームと変わりありませんが、このシリーズ独特の武器がドクロ爆弾です。原作のアニメにも登場しますが、強力な武器となっています。特徴的なのが、使うにはいったん装着してから発射する必要があるという事で、この装着時に攻撃を受けるとこれまた原作のアニメのように自機が破壊され、チャリンコになってしまいますので、扱い方には注意する必要があります。更にこのドクロ爆弾は装着したままにすると、スーパードクロ爆弾にパワーアップしてより強力な攻撃となります。ただし、ドクロ爆弾装着時はスピードが落ちたりしますので、そのリスクとのバランを考えて使う必要があります。

何となく健気な悪役と意地の悪いヒーローと言う感じもして、ついつい、ドロンボー一味を応援したくなってしまいます。一応、悪玉の悪人なので、仕方ないと思いつつも同情したくなるなと思ってしまいます。そういう意味では、本作でちょっと報われているのも、たまには悪くないと言えるのかもしれません。

単にキャラクターだけを持ってくるだけのシューティングゲームではなく、シューティングゲームとしての面白さも前作に続いてしっかりと感じられる作品です。その中で、きちんとキャラクターゲームとしてのポイントも抑えられている気がします。前作で気になった部分、善玉のキャラクターがしゃべらなかった部分が、基本的には原作と同じ声優さんでしゃべるようになっていたり、山本正之さんによるオープニングテーマの追加、ちなみにこのオープニングテーマは前作のセガサターンで登場した完璧版から追加になっていますが、など、タイムボカンシリーズのファンの期待にしっかりと応えてくれる作品になっているなと思います。

本作の続編ではありませんが、同じように三悪が主人公のレースゲーム、ボカンGoGoGoがプレイステーションで登場しています。また、ワンダースワンでボカン伝説 ブタもおだてりゃドロンボーと言うRPGが出ていたりもします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項