ナイトメア・クリーチャーズ(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(23)-> アクション-> ナ行-> ナイトメア・クリーチャーズ(PS)

ナイトメア・クリーチャーズ(PS)

ジャンル:アクション
メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:1998年2月26日
ハード:PS

概要

19世紀のイギリス、ロンドンを舞台にした、ホラーテイストの3Dのアクションゲームです。不気味なモンスターを生み出し、ロンドンを支配しようとするアダム・クロウリーを倒すために戦うというお話となっています。

主人公は、英国国教会の神父のイグネィシャスと、アダム・クロウリーによって父を殺されたナディアの二人で、どちらかを選んでプレイします。それぞれのキャラクターには特徴があり、イグネィシャスは武器が棒で体力は多めとなっていますが動きは鈍い、ナディアは剣が武器で、移動が速いですが、体力は標準となっています。一長一短がありますが、単純な使いやすさでいえば、動きが素早い方が良いのかなと思います。

ステージクリア型の3Dのアクションゲームですが、特徴的なのが、敵との戦いが対戦格闘ゲームのような雰囲気がある事、コンボによる必殺技が用意されていて、複数の敵が登場しますが、雰囲気としては一対一のバトルと言う感じもします。基本的にはゴールを目指して進んでいく事になりますが、体力回復や銃など、攻略に役立つアイテムもステージのあちこちに隠されているので、探索も重要になってきます。

ただし、敵と長い間、戦わないと下がってくるゲージがあり、それが無くなるとダメージを受けてしまうという、時間制限のようなシステムがあるので、のんびりと探索に時間を掛けるというのは出来ないです。敵からひたすら逃げてというのも無理なので、しっかりと敵を倒していく事が大事になります。ステージクリア時にアイテム収集率が表示されたりするので、やり込みたくなりますが、そういう部分も注意してプレイする必要があります。

ホラーテイストの作品、しかも、元は海外の作品と言うので、描写としては、ちょっときついかなと言う感じもします。グロテスクな雰囲気は苦手な人は気を付けた方が良いかもしれません。

ゲームとしては、一見、探索型の作品に見えるのですが、対戦格闘ゲームのような雰囲気の方が強い気がします。その辺、少し慣れないと戸惑いを感じる部分もあるのですが、緊張感をしっかりと保つことが出来て楽しめる作品と言う気がします。ただ、雰囲気が独特で、描写が苦手だと、好き好んでプレイしたいとは思わないかもしれません。

海外ではニンテンドー64版が出ていたり、続編の2も登場しているようですが、日本では本作のみとなっています。雰囲気としては、それも仕方ないのかなと思ったりします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項