雀じゃん恋しましょ(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(22)-> テーブル-> サ行-> 雀じゃん恋しましょ(PS)

雀じゃん恋しましょ(PS)

ジャンル:テーブル
メーカー:ビスコ
発売日:1998年2月26日
ハード:PS

概要

アーケードで登場していた麻雀のゲーム化作品、雀じゃんしましょと、花札のゲーム化作品、恋こいしましょがカップリングされてひとつになって登場した作品です。それぞれ5名の女の子が登場し対戦していきます。

両作とも、アーケード版は大人な作品で、グラフィックが用意されていたりしましたが、本作はプレイステーション版と言う事で、デートシーンなどに変わっていたりします。この辺りは、期待するところを間違えると、ガッカリする事になるかもしれないので注意が必要です。

麻雀教室、コイコイ教室と言う初心者向けのモードが用意されていたり、役や用語などの情報を見る事が出来るヘルプなどもあるので、麻雀や花札に詳しくなくてもプレイする事が出来ます。その上、対戦相手として、どのキャラクターもそこまで強くないので、何度かプレイすれば勝つ事は出来ます。

本格的に、麻雀、花札を楽しむという点では物足りなさは感じてしまいますが、気軽に女の子との対戦を楽しみたいという意味では、ほどほどの難易度なので、丁度良いのかもしれません。ちょっと上達すれば、勝つのは難しくないですし、かと言って、ただ弱いだけでも無いので、ほどほどで良いなと思ったりします。アイテム使ったイカサマとかも出来るので更に簡単にプレイする事も可能です。

ストーリーモードの他に、自由に対戦相手を選んで対戦する事も出来るフリー対戦のモードも用意されています。

ゲームとしては特別な所がある作品では無いので、キャラクターに魅力を感じられるかと言うところでしょうか。元の作品が二つあるので、それなりの数のキャラクターが出てくるのは嬉しいと思うのですが、どちらも似たような感じなのがちょっと残念だったと思います。

ちなみに後に廉価版と言うのも登場しているのですが、そちらはなぜか分割されて登場しています。ちょっとした追加要素がある形で登場していますが、何で、分割されていたのかは謎です。価格抑えるためと言う感じなのかなと思いつつ、それだったら、まとめて価格抑えれば良かったのではと思ってしまうのは意地悪でしょうか。片方だけが目当てであれば、その方が嬉しいのかもしれませんが、ちょっと残念だなと思ってしまいます。

雀々しましょの方はアーケードで続編が登場していますが、そちらは大人な作品となっています。どっちの方が良いのかは好みによるのかもしれませんが、求められている物は違っているのかなと思ったりします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項