ミサの魔法物語(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(22)-> シミュレーション-> マ行-> ミサの魔法物語(PS)

ミサの魔法物語(PS)

ジャンル:シミュレーション
メーカー:パイオニアLDC
発売日:1998年2月26日
ハード:PS

概要

魔法少女を育成するシミュレーションゲームです。妖精フィリムを操作して、ヒロインの巫紗を育てていきます。基本的にはスケジュールを組んでパラメーターを上げていく事になります。小学部と中学部に別れていて、小学部の育て方によって、中学部のストーリーが変わっていきます。中学部のシナリオとしては、正義のヒロイン編、学園恋愛編、アイドル候補生編、クラブ編、海外編などの展開があります。基本的には数値の高いパラメーターによって、シナリオが選択されますので、狙ってプレイするのもそんなには難しくないです。

シナリオ分岐後もパラメーターの変化と言うのが大事になっていて、基本的にはそれぞれのシナリオに応じた重要パラメーターの数値によって、エンディングが変わっていきます。

この当時のゲームとしては割とありがちなヒロイン育成型のシミュレーションと言う感じですが、途中から明確にシナリオが分岐するのは、少し珍しいかもしれません。シナリオに毎にいくつかのエンディングが用意されています。ゲームとして、単調さは否めませんが、ヒロインのグラフィックとか、声優さんとか好みがあえば、それなりには楽しめるのかなと思ったりはします。凄く出来が良いとは思いませんが、それだけなら、そこまで酷くはないという感じでしょうか。

ただ、この作品、致命的なバグがあり、それは納得できないのではと思ってしまいます。しかも、恐らくメインとなるシナリオ、正義のヒロイン編で重要なパラメーターが変化せずにまともなエンディングにたどり着けないという悲しいバグで、それはどうなんだろうと思ってしまいます。

こういうゲームだと、マルチエンディングなだけに、自分のやり方が悪いと思ってしまいそうです。何かやり方があると思っていろいろと試して、それでも出来なくて、悩んだ末にバグだったというのは、救われないのではと思ったりします。

ラジオドラマとか、プロモーションはしっかりと行われていたみたいですが、肝心な部分がと思うと、残念だなと思ってしまいます。攻略本とかもありますが、その通りにやってもクリア出来なくて、ようやくおかしい事に気が付くという感じでしょうか。当時は、ネットとかもまだそこまで一般的な時代ではないですから、情報を入手するのも大変だっただろうなと思うと、悲しい出来事だったのではと想像してしまいます。どういう風にメーカーが対処していたのかと言うのも少し気になるところです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項