天仙娘々劇場版(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(22)-> テーブル-> タ行-> 天仙娘々劇場版(PS)

天仙娘々劇場版(PS)

ジャンル:テーブル
メーカー:タイムポイント
発売日:1998年2月26日
ハード:PS

概要

麻雀のゲーム化作品です。パッケージを見ると、アドベンチャーと麻雀が融合熱烈合体、可愛娘ちゃんワンサカの麻雀活劇なんて書かれています。

主人公は大仙人の弟子、鈴花で、麻雀大王を倒すため、麻雀勝負で戦っていきます。途中で仲間が増えたりもします。

基本としては二人打ちの麻雀ゲームですが、対局の合間にはアドベンチャーゲームのようにお話が進んで行きます。

ふんだんなグラフィック、良く喋るキャラクターなど、可愛い女の子が登場する麻雀と言う分かりやすい作品です。しかも、必殺技やアイテムなどのイカサマが可能と言う事で、いわゆる硬派な麻雀をイメージしていると全く違う物と言う感じはします。ただし、イカサマありでも、可愛い女の子と麻雀したいという考える人にとってはピッタリの作品と言う気もします。イカサマ無しでプレイしようとすると、相手の強さに嫌になってしまうかもしれません。

馬鹿馬鹿しいノリと言うのもありますが、ゲームの雰囲気としてはピッタリなのかなと思いました。ストーリーとしては馬鹿馬鹿しいのですが、それでも、ちゃんと楽しめる内容になっています。ミニゲームなどの要素もあります。

ストーリーモードの他にフリーの対戦を楽しむモードもあります。

元はPCのゲームで、大人な作品でしたが、プレイステーション版と言う事で、そこまで過激では無いです。この辺り、PC版とプレイステーション版では設定が多少異なっています。無理矢理な感じもしますが、プレイステーション版と言う事で安易にそのままにせず、かと言ってゲームとしての機体は裏切らないように、意外と考えられているのかもと思ったりもします。ちなみに、パッケージにはお色気満載勝利グラフィックなんて書かれ方をしていたりします。

敵のイカサマに理不尽に感じるところが全くないとは言いませんが、自分もイカサマ出来ますし、テンポ良く遊べるところは良いのかなと思いました。登場キャラクターも多いですし、グラフィックもしっかりしていて、プレイステーション版として期待には応えてくれている作品と言う気がします。

こういうタイプのゲームとしては、割としっかりしているのかなと思ったりします。ちなみにどうしても勝てない人向けなのか、簡単に勝ててしまう裏技なんてのもあったりします。グラフィックだけ楽しみたいという方向けかもしれません。そういうところもちゃんとしていると言えるのかなと思ったりしてしまいました。

裏技

天和または地和であがれる
対戦前のVS画面で1Pの下、セレクト、2Pのセレクトを押しっ放しで配牌終了を待つ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項