The Hive Wars(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(22)-> シューティング-> A〜Z-> The Hive Wars(PS)

The Hive Wars(PS)

ジャンル:シューティング
メーカー:ケイエスエス
発売日:1998年2月26日
ハード:PS

概要

悪の結社ノワルディン・コーポレーションが復活させた生物兵器生産施設ハイヴを破壊する事が目的のアクションシューティングゲームです。

主人公はハイヴの破壊を命じられて侵入を試みますが、それがノワルディン側にばれていてみたいなところから始まります。物語としては、SF映画のような感じで、タイトルとか、グラフィックとか、人の姿はこの当時なので、限界はあると思いますが、割としっかりと描かれている作品だとは思います。

宇宙船での戦闘から、惑星の大気圏突入など、どこかで見た事があると言ってしまえば、それまでな王道な展開で進んで行きます。

ゲームとしては、あちこちから出てくる敵を撃ちまくる3Dのシューティングゲームと言う感じで、敵があちこち素早く移動して襲ってくるので何だか、とても慌ただしくて、落ち着いて対処するのが大変です。と言うより、のんびりと構えているよりはひたすら攻撃という感じでしょうか。ライフ制になっていて、時間と共に結構なスピードで回復するので、即座にやられるという事は無いです。ステージや難易度設定にもよりますが、クリア出来ないというほどの難しさでは無いのですが、苦労させられる場面はあります。ちなみにパスワードでのコンティニューでしかも短いのでプレイ再開するのは簡単だったりします。

元はPCのゲームで、プレイステーション移植版となっています。

展開とかあまり考えずに進むタイプの作品なので、一部ステージではアドベンチャーゲームのように進むところもありますが、基本的にはそこまで難しく考えずにプレイする事は出来るのかなと思いました。超高速体感3Dアクションシューティングと言う売り文句があったみたいですが、確かに高速には感じるかなと思いました。とは言え、そういうのがゲームの面白さに直結しているのかは別の問題ではあります。

ステージごとに結構いろいろな変化があるので、どういうステージなのかは理解する事が大事です。途中まで、生物兵器なんて設定あまりピンと来なかったりするのですが、途中から登場してそういう話だったと思い出す感じです。

海外の作品なので、細かい所で言えば、気になるところはあると思いますが、こういう作品だと割り切れば楽しめる作品なのかなと思いました。いろいろなSF映画をごちゃまぜにしてみましたという感じの作品なので、お話としては、それ以上でもそれ以下でも無いのかなと思います。雰囲気はそれなりに感じられます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項