忠臣蔵 検証赤穂事件(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(22)-> RPG-> サ行-> 忠臣蔵 検証赤穂事件(PS)

忠臣蔵 検証赤穂事件(PS)

ジャンル:アドベンチャー
メーカー:東映ビデオ
発売日:1998年1月29日
ハード:PS

概要

忠臣蔵を題材としたアドベンチャーゲームです。48人目の浪士となる主人公を操作して赤穂事件の真実を探るというお話です。キャラクターデザインはゴルゴ13で知られているさいとう・たかをさんと言う作品です。

ゲームとしては、コマンド選択型のアドベンチャーゲームです。赤穂事件の真実を探るとはなっていますが、選択肢によって物語の展開は変わっていくマルチエンディングの作品となっています。

あちこち巡りながら会話をして情報を集めていきます。

基本的には困ったらコマンド総当たりで進めていくというタイプの作品でもあります。ただ、選び方によって展開が変わる事もあるので、機械的にやっていると、違う展開と言うのを見つけるのは難しいかもしれません。

作品としては、良く調べられているなと言う印象を受けます。その分、忠臣蔵を良く知らないと分からない部分もあります。登場する赤穂浪士の名前ぐらいは知っておかないと入り込めないのかなと思いました。一応、人物や用語などの説明は用意されてはいますが、ひとつひとつ確認しながら進めていくのは大変そうです。

ただし、単純にゲームを進めていくのはコマンド選択なので、そこまで難しく考えずにプレイする事は出来ます。

忠臣蔵についていろいろと知っているとより楽しめる作品と言う気がします。もしものストーリー展開もあるので、その可能性を考えてみるのも楽しい気がしました。陰謀説や実はこうだったなんて話、あったりしますので、そういうのを想像するのも面白いと思います。

ラストには、当然、討ち入りもあるのですが、その部分でアクションが求められるのが、ちょっと気になってしまいました。ゲームとしての緊張感を得るためなのかもしれませんが、必要あったのかなと思ってしまいます。

また、この当時のアドベンチャーゲームなので、便利な機能と言うのは用意されていないです。他のエンディングに向かうための条件と言うのもそこまで分かりやすくないので、他のエンディングを見たいと思ってプレイしても、なかなかそうならないで同じエンディングになってしまうなんて事もあります。そういうところも今となっては不親切に思ってしまうところです。

全体としては、赤穂事件の別の可能性を考えるという点ではそれなりには楽しめるという作品と言う気はします。真面目な感じで作られているので、あまりにも突拍子な設定はないのですが、さいとう・たかをさんデザインのキャラクターで、そういうのがあったら、それはそれで見物だったかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項