ザ・スターボウリングDX(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(21)-> スポーツ-> サ行-> ザ・スターボウリングDX(PS)

ザ・スターボウリングDX(PS)

ジャンル:スポーツ
メーカー:ユーメディア
発売日:1998年1月22日
ハード:PS

概要

元はセガサターンのゲームで、DXとなってプレイステーション版が登場した作品です。一応、ボウリングのゲーム化作品と言っていいんだと思います。タイトルだけ見ると、そんなの当たり前だという気もするのですが、実際プレイすると、どうなんだろうと思ってしまうところもあります。

その理由が声優さんが実写で登場する作品だという事。横山智佐さん、白鳥由里さん、平松晶子さん、大野まりなさん、丹羽紫保理さん、池澤春菜さん、氷上恭子さん、本多知恵子さん、松井菜桜子さん、山口由里子さんと総勢10名が登場します。その声優さんたちと一緒にボウリングする作品となっています。ボウリング部分に関しては、ポリゴンで描かれていて、一応、ボウリングらしい雰囲気は感じる事は出来ますが、そんなに出来が良いという感じではないです。あくまでボウリングしながら、声優さんとコミュニケーションを取る事が目的の作品と言う気がします。

ストーリーモードや4人までの対戦、トレーニングモード、持ち玉15球でさまざまなセットを攻略していくミニゲームが楽しめます。更に留守番電話、目覚まし時計のメッセージボイスなんてのもあったりします。

タイトルだけ見ると、似たようなテレビ番組があって、それと関連したタイトルなのかなと思っていたら、パッケージには、このゲームは当社オリジナルであり、他のメディアの著作物とはいっさい関係ありませんと書かれていました。詳細は良く分かりませんが、同じような勘違いを避けるためなんでしょうか。でも、それだったら、似たようなタイトルを付けなければ、良かったのではと思ってしまうのはいけないんでしょうか。良く分からないです。

声優さんのファンの方であれば、楽しめるのかもしれませんが、ボウリングのゲームとしては今ひとつな感じで、それなら声優さんをアピールすれば良いのではと思うのですが、パッケージ見るとそうはなっておらず、何とも中途半端な印象を受けてしまう作品です。

こういう声優さんをメインとした作品がたくさん出ていたというのは興味深いところもあります。後の時代になってくると、声優さんがアイドルのようになっていくのも当たり前になってくるのですが、そういうのがまだ新しい時代だったから、こういう作品が出ていたんだろうなと思ったりします。一般的なアイドルよりも作品数は多そうですから、そういう点でも興味深い所でもあります。懐かしさに浸るという意味では貴重かもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項