プレイステーションコミック コブラ・ザ・サイコガン Vol.1(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(21)-> その他-> ハ行-> プレイステーションコミック コブラ・ザ・サイコガン Vol.1(PS)

プレイステーションコミック コブラ・ザ・サイコガン Vol.1(PS)

ジャンル:その他
メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:1998年1月22日
ハード:PS

概要

寺沢武一さんの漫画、コブラのデジタルコミック版として、プレイステーションで登場した作品です。原作のザ・サイコガンが題材となっています。

お話としては、世間では死んだと思われていた海賊コブラが顔を変えて、生きていたというところから始まり、エジプトの秘宝、ナイルの涙を盗みに行ったことで、化石虫を巡る海賊ギルドとの戦いに巻き込まれていきます。

分かりやすいデジタルコミックで、それ以上でもそれ以下でも無いという感じです。ちゃんとコブラらしく、セクシーなお姉さんが登場します。作品としては、コブラと言うデジタルコミックと相性が良さそうな作品と言う事でちゃんと楽しめる内容にはなっているなと思いました。Vol.1となっていて、お話としては、前編で、後編となるVol.2は同日に発売となっています。値段的な事もあるのかもしれないですが、どうせだったら、2枚組で1作品として出した方が親切だったのではと思います。終わりにVol.2の予告があったりするのですが、乞うご期待と言われてもなと少し思ってしまいます。

作品としてはしっかりとしているとは思いますが、当時のプレイステーションで見る価値があったのかと言われると少し微妙な気もしてしまうのも事実です。漫画自体、テレビで見るのが相応しいのか微妙な所もありますし、当時のテレビを考えれば、まだアナログ全盛ですから、その期待に応えてくれたのかも微妙だったのかなと思ったりします。後にスマホとか、携帯端末でこういう作品を見るのが当たり前になるというのが、この時に想像できたのかなと思ってしまいました。

ちなみに、このプレイステーションコミック、作品としては5作品、本作品の様に前編、後編に分かれている作品もあるので、全部で7本登場しています。数として、多いのか少ないのか良く分かりませんが、コブラの別の作品や、井上雄彦さんのブザービーターが登場していたりもします。

単純な疑問としては値段がどうだったというところでしょうか。他のゲームソフトに比べれば安いとは思いますが、コミックスとして考えるとどうなんでしょうか。しかも、本作は前編、後編に分かれています。OVAとか考えれば、そこまで高くないという気もするのですが、コミックスでも十分と考えると、どうなんだろうと思ってしまいます。

ファンの人ならそういうことを考えずに選ぶことが出来るのかもしれませんが、こういう作品はどうしてもそういうところが気になってしまいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項