リアルロボッツファイナルアタック(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(21)-> アクション-> ラ行-> リアルロボッツファイナルアタック(PS)

リアルロボッツファイナルアタック(PS)

ジャンル:アクション
メーカー:バンプレスト
発売日:1998年1月8日
ハード:PS

概要

サンライズのリアルロボットが登場する3Dの対戦型のアクションゲームです。

機動戦士ΖガンダムからΖガンダム、機動武闘伝Gガンダムからシャイニングガンダム、機動新世紀ガンダムXからガンダムXディバイダー、戦闘メカ ザブングルからウォーカー・ギャリア、聖戦士ダンバインからダンバイン、重戦機エルガイムからエルガイム、機甲戦記ドラグナーからD-1カスタムが登場し、それぞれのパイロットカミーユ・ビダン、ドモン・カッシュ、ガロード・ラン、ジロン・アモス、ショウ・ザマ、チャム・ファウ、ダバ・マイロード、ケーン・ワカバも原作アニメの声優さんで登場しています。更にスーパーロボット大戦シリーズからR-1、R-2パワード、R-3が登場していて、最後にオリジナルのボスキャラも登場するという豪華な作品となっています。

ゲームを簡単に言ってしまえば、アーケードやセガサターンで登場していた、電脳戦機バーチャロンのロボットが変わった物と言ってしまうと、それまでな気もするのですが、アニメでお馴染のロボットを操る事が出来るというのはそれだけで嬉しかったりします。しかも、主人公キャラがカットインでしゃべったり、アニメのお馴染の音楽が流れたりと、お祭り的な作品である事を感じさせてくれます。

必要だか何だか、良く分からない物語は別として、それぞれのロボットの特徴を活かしたバトルと言うのも良く出来ている気がします。それぞれ、近距離、中距離、長距離と得意な戦法があるので、それを考えながら戦う事が重要です。一部、強力過ぎる武器があるのが気になりますが、そういう武器は当てにくかったりと、多少はバランスは考慮されているのかなと思います。とは言え、当ててしまえば、どうにかなるので、それ頼りになったりします。

ラスボスだけは異様に強い気がして、そこは難点と言えるかもしれません。

また、クリアすると特典として、敵キャラだったロボットを使う事が出来るようになるのですが、一度に一体しか教えてもらえず、しかも、セーブなど出来ないので、一度に4回クリアしないと、全て教えてもらう事が出来ないというのは、ちょっと悲しかったです。ただ、一度、教えてもらえば良いですから、そこまで難点と言う事では無いかもしれません。ちなみに最後に使えるようになるのは、ラスボスの機体ですが、それに相応しい強さで、自分が使うとラスボスですら容易になってしまいます。

こういう作品だと、他のアニメのロボットが参戦したらどうなるんだろうと思ってしまいます。

裏技

隠しキャラ
マシンセレクト画面で以下の順番でアイコンの上で△ボタンを押す
R-1:ショウ、ダバ、カミーユ、ショウ、ケーン
R-2パワード:カミーユ、カミーユ、ケーン、ショウ、ケーン
R-3:ダバ、ガロード、ジロン、カミーユ、ショウ
ゲトゥビューム:リュウセイ、ライ、アヤ、リュウセイ、ジロン


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項