スーパーライブスタジアム(PS)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> PS(21)-> スポーツ-> サ行-> スーパーライブスタジアム(PS)

スーパーライブスタジアム(PS)

ジャンル:スポーツ
メーカー:スクウェア
発売日:1998年1月1日
ハード:PS

概要

プロ野球のゲーム化作品です。スクウェアから登場しているスポーツゲーム、しかも、野球と言うのは珍しい気もするのですが、前年にプレイステーションで登場していた、デジカルリーグと言うタイトルもあって、それに引き続いてのプロ野球のゲーム化作品となっています。ちなみにAQUESと言う、スクウェアのサブブランドから登場した作品となっています。

ゲームとしては3Dポリゴンを使用した野球ゲームと言う感じです。特徴的なのはコミカルな演出で、ストライク、ボールの演出もですが、アウトになった時など、なぜか重りで潰されたり、丸焦げになったりします。この辺りは、好き嫌いが出そうな感じがします。それなりにテンポの良い演出なので、楽しめる感じはあるのですが、慣れてしまえば、同じパターンなだけに、何度も見せられると、ちょっとしつこいなと感じてしまうところもあります。

野球のゲームとしては、ピッチャーを操作する時に、変化球を投げるのが独特で、格闘ゲームのようなコマンド入力を求められます。慣れれば良いというところなのかもしれませんが、他の野球ゲームだと直感的に操作できる部分なので、同じ様に操作してしまうと違ってしまい、ちょっと難しく感じてしまう部分です。ちなみにコマンドによっては、魔球を投げる事が出来たりします。

更に実在の12球団の他に、ガイコツだらけのチームや選手が全員鎧を着ているチームがあったりするところもユニークなポイントです。

キャラクターのエディットやチームのエディットも可能で、パッケージなどには選手育成型野球ゲームと育成部分の特徴をアピールしていたりします。

独特の操作と演出面で、独自性を出そうとしている努力は感じる作品です。カメラの視点が切り替えられたり、ポリゴンの滑らかな動きなども当時としては注目できる点のような気もします。ただ、それが野球ゲームとしての面白さにつながっているのかは良く分からないところもあります。

同系統の野球ゲームが出ていない事を考えれば、どういう評価をされていたのかは想像できる気もしてしまいました。

スクウェアの野球ゲームとしては、劇空間プロ野球 AT THE END OF THE CENTURY 1999が2000年にプレイステーション2で登場する事になりますが、そちらは本作とは違ったリアル系の作品になっています。そちらの作品も含めても、やっぱり、スクウェアから登場している野球ゲームは珍しいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項