ボンバーマンクエスト(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(16)-> アクション-> ハ行-> ボンバーマンクエスト(GB)

ボンバーマンクエスト(GB)

ジャンル:アクション
メーカー:ハドソン
発売日:1998年12月24日
ハード:GB

概要

ボンバーマンシリーズの作品です。ただし、従来のシリーズ作品とは異なる、アクションRPGとして登場しています。

ボンバーマンが捕らえたモンスターをボンバー星に輸送しているというところから始まります。突然、現れた4つの謎の光にシャトルが襲われ、4つのエンジンを奪われて、モンスターにも逃げられてしまったボンバーマンが、逃げたモンスターを捕まえて、4つのエンジンを取り戻すために冒険するというお話になっています。

基本となる武器がボムと言うのは、ボンバーマンシリーズと言う感じですが、アクションRPGと言う事で従来の作品とはいろいろと違いもある作品になっています。

まず、メインの武器となるのはボムですが、ボムにも様々な種類があり、また、ボム以外の武器も用意されています。それらを自由に装備する事が可能で、場面や敵に応じて使い分ける事が必要となります。4つのフィールドがあり、それぞれに逃げたモンスターが登場します。モンスターとのバトルは一対一になっていて、倒す事でアイテムを落します。

合成に使えるアイテムと言うのも存在して、そのアイテムを合成屋に持っていけば、ボムを強化したり、新しい武器を手に入れる事が出来たりします。

アクションRPGと言う事で、謎解きも用意されていて、入手したアイテムを駆使して先に進んで行きます。

ボムを強化するアイテムは無制限に出る訳ではなく、数が限られているので、どのボムを強化していくのかはちゃんと考える必要があります。自分のプレイスタイルに合わせて強化するなんて楽しみ方も出来ます。ただし、現実的には使い勝手が良い武器は限られてくるのかなと思いました。この辺りは少し気になるところで、アイテムの数は豊富なのですが、使い勝手がはっきりと分かれてしまうのもあるので、せっかく入手したのに、使う場面が無かったなんて事になると切ないです。

各モンスターとのバトルの前にはちょっとしたやり取りが発生します。コミカルなだけでなく、攻略のヒントになっている事もありますので、見逃さない方が良いです。全てのモンスターにあるのはこだわりを感じます。

バトルは一対一の戦いで、しかも、体力制で、基本的には逃げる事が出来るので、そこまで難易度は高いとは感じないです。謎解きもちゃんと情報を集めれば解くことが出来るので、割と気楽に楽しめる作品と言う気がします。

対戦のモードも用意されています。対戦モードでは入手したアイテムを使う事が出来たりします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項