ザ・首都高レーシング(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(16)-> レース-> サ行-> ザ・首都高レーシング(GB)

ザ・首都高レーシング(GB)

ジャンル:レース
メーカー:ポニーキャニオン
発売日:1998年12月18日
ハード:GB

概要

首都高を舞台にした見下ろし型のレースゲームです。ハイウェイモードとクラシックモードがあります。ハイウェイモードは、1500クラスと2500クラスに分かれていて、レースを繰り返してチャンピオンを目指します。クラシックモードはEASYとHARDハードに分かれていて、直線コースで点数を稼いでいく事が目的と言うシンプルな内容になっています。

メインとなっているのがハイウェイモードで、1500クラスは3コース、2500クラスは5コースでトップを目指します。後方からのスタート、1500クラスは150位、2500クラスは250位からのスタートとなっていて、一台ずつ車を抜いて最終的にコース全部の通算順位でトップに立ってゴールすれば、チャンピオンとなります。

コースを完走すると、順位に応じて賞金を貰い、その賞金で、エンジン、ステア、ボディ、タイヤ、ターボ、ブレークのパーツを購入し、チューンアップする事でマシンを強化させていきます。また、チューンアップには、ギアの項目があり、マニュアル、オートマチックを選択する事が出来ます。

初期の状態では、絶対的なスピードが足りないために苦労させられますが、パーツを購入してマシンが分かりやすくパワーアップしていくのは楽しく感じます。チャンピオンになれなくても、賞金、購入したパーツはそのままで、再度、チャレンジする事は出来るので、何度もプレイする事で、最初から強力なマシンで戦う事が出来るようになります。

首都高だからなのかは、分かりませんが、コースには敵の車以外にも様々な障害物があります。オイルなんてのは分かりやすいですが、清掃車や後方から現れるパトカーなどがあったり、合流ポイントなんてのもあったりします。猛スピードで走ってくるパトカーにぶつけられてしまうのは切なかったり、合流で出てくる車に驚かされたりします。

ライフ制になっていて、クラッシュするとライフが減り、0になるとゲームオーバーとなってしまうので注意が必要です。

コースの解説もあるので、コースの特徴をちゃんと理解する事が大事です。ただし、走っている最中に警告は出るので、そこまで詳しくコースを覚える必要ないのかなと思いました。

パーツはいろいろとありますが、基本的には値段の高いのを選んでおけば良いと分かりやすかったり、レースも一部意地悪なコースもありますが、どうにもならないという感じでも無く楽しめる作品と言う気がします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項