ポケットカラー ブロック(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(16)-> その他-> ハ行-> ポケットカラー ブロック(GB)

ポケットカラー ブロック(GB)

ジャンル:その他
メーカー:ボトムアップ
発売日:1998年12月18日
ハード:GB

概要

ブロック崩しです。タイトルだけ見ると、シンプルなブロック崩しの印象を受けるかもしれませんが、一般的なブロック崩しのパドル当たる部分が、ドラゴンになっているという特徴があります。ちなみにカラーと書かれているように、ゲームボーイカラーに対応した作品です。尚、海外版のタイトルは、Dragon Danceと言うタイトルだったようで、そちらの方が特徴を捉えている気はしますが、そうなるとブロック崩しと言うのはイメージしづらくなるのかもしれません。

基本的には普通のブロック崩しで、ドラゴンを左右に移動させてボールを弾いてブロックを崩していきます。ドラゴンだからという理由なのか、良く分かりませんが、少し上下に動けたり、移動を止めると、体を丸める動作をしたりします。この体を丸める動作と言うのが意外と厄介で、ボールを跳ね返そうと待ち構えて、動きを止めたら、体を丸めて、思わぬ方向に跳ね返っていく事があったりします。各ステージには制限時間があり、時間内に全てのブロックを壊す事が必要になります。また、ボールを落すと、すぐにはミスにはならず、少しずつドラゴンの体が小さくなっていきます。

アルファベットが書かれているブロックを壊すと、アイテムを落します。また、ブロックを壊す事でゲージを溜めて、そのゲージを消費する事で、有利にプレイする事が出来たり、最大まで溜めると巨大な竜神が現れて攻略を助けてくれます。

ボトムアップから登場している作品なので、タイトルのシンプルさとゲーム内容がちょっと違っている事に違和感を感じたのですが、開発したのはナツメだそうで、それなら何となく分かると思ってしまいました。

ドラゴンが丸まるところなど、気になるところが全くないわけではないですが、ブロック崩しとしては純粋に楽しめる作品ではあると思います。制限時間が意外と厳しくて、とりあえず打ち返しておけばいずれブロックは壊せるだろうと考えていると、そうは上手くいかないです。その分、ボールはゆっくりめな印象を受けましたので、考えながら打つ事が大事です。その際、ドラゴンの動きは考慮しないとダメです。

全部で100ステージありますが、ステージごとにパスワードを貰えるので、やり直すのも簡単です。

ゲームボーイで登場した、ポケットカラーの付いたボトムアップの作品としては、トランプ、麻雀、ビリヤードなんてのが後に登場していますが、それらはシンプルにタイトル通りの作品になっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項