バーディガン(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(16)-> シミュレーション-> ハ行-> バーディガン(GB)

バーディガン(GB)

ジャンル:シミュレーション
メーカー:タムソフト
発売日:1998年12月11日
ハード:GB

概要

バーコードを読み込むことで誕生するバーロードを育成して対戦させるゲームです。バーコードリーダーと一緒になって発売されているタイトルです。バーコードを読み込んでゲームボーイのゲームに反映させる周辺機器としては、バーコードボーイなんてのもありましたが、そちらとは別物です。

ゲームとしては、バーロードと呼ばれるモンスターを誕生、育成させて戦っていきます。バトルで得た経験値を元にバーロードを鍛える事も出来ます。

バーコードを読み込めるというのが、特徴で、読み込んだバーコードによって、誕生するバーロードが違っていたり、特技を覚えさせたり、エサを与える時にもバーコードが必要となります。基本的なものはソフトと一緒になっていますが、こういうゲームだと、自分で見つけたバーコードでどういう結果になるのかを見つけることが楽しみになります。時期的に考えると、バーコードを読み込んで遊ぶというのが流行っていた時期では無かったと思いますが、いろいろと読み込んで試してみるのは単純に面白いです。

気になるのは、いちいち読み込まないといけないという部分で、モンスターの誕生とか、大事な部分で読み込むのは良いのですが、モンスターの治療とか、そこは簡単に済ませたいと思うところで手間が掛かるのは面倒だと思ってしまいます。

また、ある程度、有利になる特技と言うのが決まっていて、そういうのを見つけてしまうと割と簡単になってしまうというのも気になります。どのバーロードでも変わらないパターンで戦えてしまうと、同じことの繰り返しと感じてしまったりもします。

ポケモンとかたまごっちとか、感じさせる部分はありますが、バトルの部分は割と楽しめると思う作品です。ただ、難点なのがストーリーモードです。育てたバーロードでイベントをこなしていくのですが、そのイベントが発生する条件と言うのが、時間と言うのが厄介です。リアルタイムで進む時計が基準となっているため、その時間になるまで待つ必要があります。しかも、週に一回、季節ごとのイベントなどもあり、かなり大変です。幸い、時計自体は自由にいじる事が出来るので、無理矢理進めてしまえば、どうにかなるのですが、それが作った側の意図通りなのかは疑わしい所です。

ストーリーに関わらない部分での限定イベントであったら、それもありなのかなと思うのですが、そういうのをこなさないと進めないというのは厄介なだけと言う気がします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項