激闘パワーモデラー(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(16)-> アクション-> カ行-> 激闘パワーモデラー(GB)

激闘パワーモデラー(GB)

ジャンル:アクション
メーカー:カプコン
発売日:1998年11月27日
ハード:GB

概要

特殊なコントローラーで操る、体長10数センチの小さなロボット、パワーモデルでバトルするという設定の対戦格闘ゲームです。パワーモデルを操って大会優勝を目指すというお話になっています。

腕による打撃技が得意なMAX、巨体を活かしたパワー重視型のGONG、スピードが速く足技が得意なSPEED、攻撃力が高く万能型のAXE、カンフーが得意で素早さがあるLONの5体のパワーモデルの中から、一体を選んで戦います。

登場するキャラクターとしては、対戦格闘ゲームとしてはあまり多くはありませんが、それぞれ特徴の特徴は割とはっきりとしているので、自分のプレイスタイルに合わせて選ぶことが大事です。

メインとなるストーリーモードでは対戦で勝利するとお金がもらえ、そのお金でパーツを購入してパワーモデルを強化する事が出来ます。ストーリーモードで強化したパワーモデルで対戦する事も可能です。

対戦格闘ゲームとしては、操作性が良いのが印象的です。どうしてもゲームボーイだとレスポンスが悪く、格闘ゲームには向かないと思ってしまうのですが、本作をプレイした限りではそんな事は感じないです。ボタンは少ないですが、そこまでややこしい感じもしないです。

ストーリーモードはパーツで強化していくのはそれなりには楽しいのですが、お金を貯めにはバトルを繰り返す必要があり、その手間が少し面倒かなと思います。格闘ゲームが得意であれば、そこまで強化する必要が無いのかもしれませんが、そうでないと、強化前提になってしまうので、そうなると勝てる相手とのバトルだけになるので、同じ事の繰り返しと感じてしまいそうです。

ストーリーを進めるためにも対戦を繰り返す必要があり、そうなると対戦キャラが少ないのとかも気になってしまいます。

気にならない部分が全くないわけではありませんが、どの部分を強化して自分なりのパワーモデルを作り上げていくのかを考えてプレイするのは楽しいですし、何よりも対戦格闘ゲームとして、基本的な部分がしっかりとしていて楽しめる作品と言うのは大きい気がします。それがゲームボーイとなればなおさらです。知名度はそれほどではないですが、隠れた名作と言っても差し支えない気がします。

ちなみに本作はゲームボーイカラーには対応していませんが、本作の海外版は対応していたようです。発売の時期の関係でしょうが、どうせだったら、対応していて欲しかったとちょっとだけ思ってしまいます。

裏技

隠しモード:電源投入後、CAPCOMのロゴが出ている時に、上、上、右、右、下、下、左、左と入力する。成功すると効果音がなる。以下の隠しモードが登場する。

勝ち抜き戦:左を押しながらSTARTを選択
サバイバル:右を押しながらSTARTを選択
サウンド:右を押しながらCONTINUEを選択
CPU戦観戦:右を押しながらVSを選択


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項