ポケット電車(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(16)-> シミュレーション-> ハ行-> ポケット電車(GB)

ポケット電車(GB)

ジャンル:シミュレーション
メーカー:ココナッツジャパン
発売日:1998年10月30日
ハード:GB

概要

鉄道運転シミュレーションゲームです。分かりやすく行ってしまえば、電車でGO!の類似作という感じです。よりシンプルになっているという気がします。

山の手線と大阪環状線の二路線が最初から選べ、それぞれクリアした時に得られるパスワードを使うと、弾丸特急スバルと言う博多から札幌までの路線を遊べるようになります。

区間ごとに決められた制限時間内に列車を走らせる事が目的となりますが、カーブでは70キロ、最高速は90キロ、駅構内に入る時には50キロなどのスピード制限がいろいろとあります。それを守らないと減点されます。また、難易度のオプションによって有無を選択できますが、事故や天候などによって、条件が加えられる事もあります。また、オプションでコントローラーのタイプを3つから選ぶことが出来ます。操作性が意外と違いますが、電車を運転している雰囲気を味わせるのが良いのか、操作が楽な方が良いのかは少し迷うところです。

駅に到着する際には、制限時間だけでなく、停止する位置と言うのも重要になっていて、停止線から離れた位置に停車すると減点になってしまいます。点数がマイナスにならないように進めていく事が重要になります。

ボーナスゲームと言うのもあり、そこで上手く点数を稼いでおく事も重要となります。ちなみにボーナスゲームはトロッコを走らせます。それまでとは違った雰囲気になります。

停止線の位置やスピード制限などはブレーキを強引に掛けたりして割と強引にどうにかなるのですが、制限時間は意外とシビアだったりします。かと言って、制限時間だけに気を取られていると、今度はスピードを超えてしまっての原点となってしまいがちなので、注意が必要です。とは言え、とりあえず、クリアするだけであれば、そこまで苦労させられる事は無いです。

鉄道運転シミュレーションとしての雰囲気は味わえるのですが、ゲームボーイと言う事で限界は感じてしまいます。一応、背景などにこだわりを感じる部分もあるのですが、リアルさはあまり感じられないです。手軽に楽しめるという点では評価できるのかもしれませんが、やりごたえがあるかと言われると微妙な感じかなと思いました。

ちなみに本作が出たタイミングと言うのは、プレイステーション版の電車でGO!よりは後になりますが、ゲームボーイ版の電車でGO!よりは先となっています。更にゲームボーイ版の電車でGO!より先に、本作の第2弾が登場しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項