合格ボーイシリーズ 99年度版 英単語センター1500(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(15)-> その他-> カ行-> 合格ボーイシリーズ 99年度版 英単語センター1500(GB)

合格ボーイシリーズ 99年度版 英単語センター1500(GB)

ジャンル:その他
メーカー:イマジニア
発売日:1998年7月10日
ハード:GB

概要

合格ボーイシリーズの作品です。1998年に登場しているタイトルですが、タイトルには99年度版の文字があります。当時のセンター試験に出る英単語をテーマにしているようです。東進から出ていた英単語センター1500がベースになっているようです。

暗記、テストの2つのモードがあり、それぞれ最高頻出単語、高頻出単語、頻出単語に分類されています。オプションの切り替えにより、英語から日本語の英和、日本語から英語の和英、テストの出題を番号順、ランダムと選ぶことが出来ます。また、セレクトを押すと例文を見る事が出来ます。

暗記もテストも基本的には変わりありませんが、暗記では間違えた問題を何度もチェックする事が出来て、テストでは正解数や所要時間を確認する事が出来ます。ただし、正解、不正解の判定は自分でしなければいけないので、ズルも出来てしまいます。まあ、ズルする事の意味があるのかは分かりませんが、うっかりと判定を間違えてしまうと、ちょっとだけ悲しいです。

合格ボーイシリーズの中でも英単語をテーマにしているのはいくつかあって、重なっているようなそうでもないようなどっちなんでしょうか。中学英語とかだと明確に違いますが、そうじゃない物だとどうなんでしょうか。ひとつひとつ比較はしていないので、そこまではっきりした違いは分からないです。それは本の参考書を選ぶのと同じかもしれません。作りとしては、どれも同じような感じなので、収録されている単語とかの違いでしょうか。詳しい解説などがある訳でもないので、そういう点での違いと言うのもあんまり感じられないです。

一応、ベースとなる本があるため、出題されている単語としてはちゃんとしているとは思うのですが、ゲームボーイならではの利点と言うのは、例によって良く分からない所です。正解、不正解の判定も自分ですから、それだったら本で良いという気にもなってしまいます。持ち運びの利点も、当時のゲームボーイを考えると、そこまで魅力的に移りそうもないなと思ってしまいました。

合格ボーイシリーズは1996年の12月から登場し、1997年の6月からは連続して次々に登場していたのですが、本作でそのペースが落ち着きます。ほぼ1年間で平均するとひと月に1本以上のペースで出ていたんだなと思って驚きます。この後もシリーズは続いていきますが、次は12月となっていて、その後も地味に続いていき、全体で見ると凄い数になっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項