高気圧ボーイ(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(15)-> その他-> カ行-> 高気圧ボーイ(GB)

高気圧ボーイ(GB)

ジャンル:その他
メーカー:コナミ
発売日:1998年7月2日
ハード:GB

概要

主人公の高気圧ボーイを操作して、気圧モンスターを操り、クーデーターを起こした低気圧軍を倒すために戦うというお話です。ちなみに主人公は高気圧ボーイですが、高気圧ガールと言う、どっかで聞いた事のある曲のタイトルのような名前のキャラクターもサポートとして登場します。

ゲームとしてはカードでのバトルとなっています。5対5のバトルで先に3勝した方が勝ちとなります。最初にバトルに参加させる気圧モンスターを選びます。バトル中には気圧データと言う気圧モンスターを強化させるカードがあり、そのカードを上手く使う事が重要になります。属性を考えて使うとより強力になるので、どの気圧モンスターにどのカードを使うのかもしっかりと考える必要があります。

少しややこしいのが、高気圧軍は1000hPaより高くなればなるほど強くなり、反対に低気圧軍は1000hPaより小さいほど強力になるというところです。能力の差分は表示されるので、そこをチェックすればいいのですが、一目見ただけだと分かりにくい所なので注意が必要です。

気圧モンスターはその勝敗により、取ったり、取られてしまいます。序盤はあんまり深く考えずにカードを選んでも何となく勝ててしまうのですが、中盤以降は敵も強くなるので注意が必要です。厄介なのが、一方的に勝ちすぎると、味方の気圧モンスターのhPaが下げられてしまう事があるためです。そのため、勝ち数を上手く調整して、ほどほどに負けるのも必要です。カードを持てる上限と言うのもあるので、負けても影響がない気圧モンスターと言うのも考えておくと効率が良いです。3勝2敗ぐらいのペースで進める理想的で、それだとhPaを下げられるのをほどほどに抑える事が出来ます。

カードのやり取りが頻繁に発生しますので、主力となるカードで負けない事が重要になります。

あんまり難しく考えずに、テンポ良く進める事が出来るので、気軽に楽しめるという感じの作品です。登場するキャラクターもほどほどに個性的なので、グラフィックも含めて楽しめたという感じです。

ただ、低気圧軍がクーデーターを起こした理由が、自然を破壊した下界に住む者たちを滅ぼすためと言うのを知ると、なかなか、難しいテーマを扱っているのかもしれないと思ったりします。環境破壊による異常気象なんてのがニュースになる事もありますが、そういうのを考えると意外に深いお話なのかもしれないと少し思いました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項