ミニ四駆GB レッツ&ゴー!! オールスターバトルMAX(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(15)-> レース-> ナ行-> ミニ四駆GB レッツ&ゴー!! オールスターバトルMAX(GB)

ミニ四駆GB レッツ&ゴー!! オールスターバトルMAX(GB)

ジャンル:レース
メーカー:アスキー
発売日:1998年6月19日
ハード:GB

概要

こしたてつひろさんの漫画が原作で、当時、アニメも放送されていた、爆走兄弟レッツ&ゴー!!のゲーム化作品です。アニメでは第3期となる爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAXが放送されていた時期に登場している作品です。

主人公はゲームオリジナルキャラで、TRFビクトリーズの6人目として、グレートバトルカップに挑むというお話になっています。

ゲームの基本的な部分は、ゲームボーイで登場していた前作と同じで、1対1のレースゲームとなっています。ただし、本作はチームバトルと言う事で、大会でのバトルは5対5の対戦となっています。とは言え、5対5でまとめて戦う事は無く、1対1のレースでメンバー全員の総当たり戦が行われる形になります。主人公以外のキャラクターのレースは結果が決まっているため、主人公が無理に勝たなくても先に進める事もあります。

ミニ四駆を題材としているだけあって、パーツと言うのが重要な要素になっていて、パーツを入手し、バランスを考えてセッティングして、マシンを強化させます。パーツは強化させたり、通信で交換したり、また、通信でのみ入手な可能なパーツがあったりします。この辺りは前作と変わらないです。

新しいシステムとしては、GPチップの追加があります。アニメ版で登場したシステムですが、コースを走らせる事で経験を積み、マシンを強化させるのに役立ちます。

前作同様、ミニ四駆のゲームとしては、こだわりを感じられていて良く出来ていると思うのですが、難易度が高いのは難点です。特にパーツ年齢の概念は厄介で、単純に組み合わせだけでなく、性能を十分に発揮できるパーツ年齢でレースに臨めるのかもしっかり考える必要があります。

難易度の高さと言うのはやりごたえにも通じるのですが、漫画原作、アニメ原作と考えると、ストーリー部分はもう少し抜け道があっても良いのではと少しだけ思ってしまいます。ただし、簡単過ぎるとそれはそれで面白くないので、そのバランスは難しいと思います。

本編クリア後のおまけ要素も充実していて、更にボリュームアップと言う感じです。やり込みと言う意味ではかなり楽しめる要素となっています。また、クリア後には、バトルレースを自分から仕掛ける事が出来るようになっています。原作考えると、それで良いのかと思ってしまうところもありますが、クリア後と考えれば、ギリギリ許されるのかなと思ったりもします。

全体的な難易度の高さは気になりますが、単にキャラクターゲームにとどまらず、前作同様、ミニ四駆の面白さを感じさせてくれる作品ではあると思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項