NAVY BLUE 98(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(14)-> テーブル-> A〜Z-> NAVY BLUE 98(GB)

NAVY BLUE 98(GB)

ジャンル:テーブル
メーカー:ショウエイシステム
発売日:1998年2月20日
ハード:GB

概要

海戦ゲームシリーズの作品で、1998年での登場と言う事で、タイトルに98になっています。ゲームボーイでの海戦ゲームとしては、前作の海戦ゲーム NAVY BLUE 90がタイトル通り、1990年に登場していますので、久々の登場となっています。

艦隊を配置し、お互い攻撃して先に相手の艦隊をせん滅する事が目的となります。

ステージごとに決められた数だけ艦船を選び、決められたゴールド内でそれぞれの艦船のアイテムを購入して、艦隊を組み戦いに挑みます。艦船には偵察艦、潜水艦、駆逐艦、巡洋艦、戦艦、空母があり、それぞれ大きさと装備が異なります。大きさが大きいと見つかる可能性は高いですが、その分、破壊されるまでのターンは掛かります、小さいと見つかる可能性は低いですが、見つかったら一撃でやられてしまう事もあります。

また、それぞれの艦船により、装備できる武器に違いがあるので、どういう攻撃パターンで攻撃をするのかも考えながら艦隊を組み必要があります。ゲームとしては、これまでと基本的には変わらず、アイテムの細かい名称、効果に若干の違いはありますが、そこまで劇的な変化はありません。

ノリが割と軽めで、厳正な抽選で選ばれた司令官がプレイヤーで敵を撃退するお話となっているのはどうなんだろうと思ったりします。軽い気持ちで敵を撃退と言うのもどうなんでしょうか。

たまたま運が悪いだけなのかもしれませんが、こちらが主力として考えている艦船、特に潜水艦がすぐに見つかってしまうのは気のせいでしょうか。敵を見つけたら、一気に魚雷でせん滅と言うパターンで攻略したいと考えていたのに、その前に潜水艦が見つかってしまい撃沈させられてしまうパターンが多い気がしました。運が悪いだけ、配置の仕方が悪いだけなのかもしれませんが、気になるところです。

良くも悪くも海戦ゲームと言う感じで、そういう意味では期待を裏切っては無いのですが、久しぶりに出て内容がほとんど変わらないというのは、物足りなさを感じる部分でもあるのかなと思ってしまいました。

最初の作品はゲームボーイの作品としては、初期に登場していて、それからだいぶたってからの登場と言う事で余計にそう思ってしまいます。

ゲームボーイ自体が、一時期は終わりかけたハードでしたが、ポケモンの勢いで復活して、ゲームボーイライト、ゲームボーイカラーが登場した年に出た作品としては、やっぱり、物足りなさは感じてしまいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項